さらばYBR125

2017年9月23日、YBR125を廃車にした。

中華YAMAHAが発売したアジアンバイクで、
逆輸入車が日本に入ってくると同時に購入した。
2005年1月のことだ。

その数か月前、買ったばかりの原チャリで色々と足を運んでいた。
だが原チャリは、速度制限に二段階右折といった法規制が厳しい…。
一度パトカーが真後ろについたので、30km/hで法定走行したら
大渋滞を招き「もう少し早く走りなさい」と拡声器で注意を受けた。

そうだ125ccの原付二種に乗ろう!車検ない保険安い税金安い!
と思いつき、教習所に足繁く通う日々となった。

ある日、教習所からの帰り、街灯のない真っ暗な交差点。
側面から車に突っ込まれた。右直事故だ。
自分の後ろにバスがいたため、ライトで蒸発現象していたのだ。
だるま落としよろしく、自分は座った体制のまま前に吹っ飛び
スクーターはエンジンがもげてそのまま廃車となった。
身体は幸いにも軽傷で済んだが、事故処理は面倒臭さを極めた。

被害者の自分には25万円の損害賠償と慰謝料が入り
教習所もめでたく卒業。中型二輪免許が手に入った。

そのタイミングで発売されたのがYBR125だった。

このバイク、12年間で1万キロも走っていない。
学生最後の数か月を共に過ごしてから、実家にずっと放置していた。
たまに動かすつもりだったがなかなか帰れず
帰っても、整備や動かす時間が取れず
登録した千葉市の緑区から、毎年納税通知書が来るたび
あぁ今年も乗らなかった、など考えながらコンビニで支払っていた。
※原付二種なので2000円くらいだけど…

バイクや自動車は、一度買えば放置しても大丈夫な耐久品ではない。
動かさなければ故障し、整備しないと機能を失ってしまう。
このバイクを動かせる人は実家におらず、当然動かなくなったが
両親は少しでもきれいにしておこうと、カバーを時々交換してくれていた。

負のサイクルも、これで終了だ。
バイク王を呼んで引き取ってもらうことにしたら
状態がアレなので処分量を取られる羽目になった。
巡回している廃品回収に無料回収してもらっても良かったが
バイク屋に処理してもらうのが、バイクへの最後の労いだと思った。

バイク王の兄ちゃんが「最後くらい、愛車と写真残しませんか」と言う。
自動車ディーラーの営業は自動車が大好きかというとそうでもないが
バイク屋の店員は、バイクが好きな人が多い。
せっかくなので、バイクと共にいる最後の写真を撮ってもらった。
最後に雑巾で拭いてやったからか、写真のYBR125は新品に見えた。

トラックに乗せられて去っていく姿はまさにドナドナであった。

実は5年ほど前、バイク熱が再燃したことがあって、
バイク屋に修理と整備を頼んで生き返らせたことがある。
バッテリーの交換もして、4,5万円くらいかかったが
やっと生き返ったYBR125を二度と死なせるか!と
あれ程まで抱いた想いは、数か月で失われた。
大事なものは自分の近くにおいておかないと失われる。

レンタルバイクでNinja250に浮気したときは
あまりの乗り心地に中古を買っちゃおうかと思ってしまった。
悩みに悩んだが、普段使いの自動車を持ってしまった今、
きっと乗らないでYBR125のようになると考えて、やめた。

ナチュラルウォッシュは素晴らしい

加齢臭というのか、人の匂いというのか。。
コートの首周りが臭くなってきた。
水洗い不可のコートを自宅では洗濯できないので
クリーニングに出すことにした。

ただし、通常のドライクリーニングではダメだ。
この臭いはとれない。

一般常識の範疇ではあるが、ドライクリーニングでは
水の代わりに化学溶剤を使って衣類を洗濯する。
イメージとしてはガソリンや灯油のようなものだ。
水を使わないので、衣類へ負担の少ない洗濯ができ、
油に溶ける汚れはとても良く落ちる。
しかし、水に溶ける汚れを落とすことは出来ない。
衣類に染み込んだ汗や臭いは落とせないのである。

そこで「汗抜き加工」と「Wウォッシュ加工」がある。

汗抜き加工は、ドライ洗濯のみを行う。
塩分を吸着する溶剤を混ぜることで
水洗い不可衣類でも、サッパリ感を向上する。
店によっては消臭効果のある溶剤も混ぜる。

Wウォッシュ加工は、ドライ洗濯後に水洗いをする。
水洗いできるワイシャツ等は勿論のこと
家庭での洗濯は失敗してしまうのに汚れやすい服
例えばスーツ、ニット、ネクタイにもよい。
原則として水洗い不可の衣類にWウォッシュは出来ないが
実はできるものもあるので店員さんと相談する。

今回のコートは水洗い不可だけど
Wウォッシュ加工でないとダメだろうなあ~。
できるのかなぁ?と思って、店員さんに相談した所…

最近、さらに新しい水洗いができるようになったらしい。
「ナチュラルウォッシュ加工」というものだそうだ。
やっぱりドライでも水で洗濯したような新鮮さが欲しいため
水で汚れを効果的に落とす溶剤が日々新しく開発されている。
つまり、新しい溶剤と洗濯方法ができたから、試してとのこと。
お試し期間でオプション料金は半額だった。
※オプション料金は、溶剤の価格が転嫁されている

今日返ってきたコートを見てみると
まず毛並みが良くなった。
で、持ってみたら軽くなった。
どうも2シーズンも毎日のように着ていれば
汚れや汗などで重くなっているそうだ。
気になる首筋の所をクンクンしてみたら

いいじゃないか

今度から使おう。ただちょっと高いな。

掃除掃除

最近、週末に
先輩やら後輩やら友人やら何処かで飲み会を終えて
ウチに遊びに来ては食べ散らかして帰ってゆくので
いつも掃除ばかりしている。

慕って遊びに来てくれるのはいいのだけれど
なにしろ狭い独身用のアパートである。
いい大人が3人も4人もぞろぞろやってきて
ぷよぷよテトリス桃鉄…遊ぶのはそれなりにうるさい。
馬鹿騒ぎに慣れば夜中の3時だろうが追い出すところだ。

都市部ではどうか知らないが
社会に出て突然、長野の人になった自分としては
誰かの自宅が遊び場になるのはよく理解しているつもりだ。
遊び場、飲み屋もバーも、駅の周りにしかないのに
職場は駅から大変離れており、車で通勤するのが普通だからだ。
職場の飲み会は、定時後に会社の会議室や食堂で
ケータリングのビールサーバで…なんてのもよくやった。

そんな生活環境では金曜日は残業して皆で帰りコンビニで酒を買い
誰かの家になだれ込んで小さくワイワイやるのがラクで楽しいのだ。
寝たい奴、ゲームしたい奴、料理したい奴、各々が勝手に動いて
ちょっとしたパーティーのようになるわけだが、
やっぱり地方だから、部屋が広いから出来ることなのだろう。

で、こういうのに慣れると、人が自宅に来るので
習慣として、頻繁に部屋の掃除をするようになる。
理由はもちろん、汚れるからだが、
ちゃんと掃除してるぞとアピールしたいからでもある。
女の子が自宅に遊びに来る直前に、必死で掃除するアレと似ている。
うおりゃ!とキッチンや風呂のマット、カーテンまで洗濯してしまう。

しかし、埼玉に来てからというもの、自宅に誰かをあげることが
めっきり減り、今は彼女もいないためすっかり荒れ放題になっていた。
チリツモで増えた物や汚れは、すぐには減らせない。
ここ最近のこの流れは、神が自分に掃除を命じているのだろう…
そんな風に考えて黙々と掃除していると、あることに気が付いた。
続きを読む

職質された

近くの飲み屋で同僚と閉店まで飲んだ。

店が想定以上に混み合ってバイトが足らず
みんなが定時を過ぎても働いているところ
バイトの一人、学生の男の子が帰ってしまった。
残された、長い長いオーダーシート。
飲み物の、供給が、止まった。
キレるベテランバイトのお姉様方。
まさにCHAOS。
続きを読む

へこむ

労組の会議で昨日から大阪にいた。
ネタは春闘だ。とはいえT芝さんがエラいことになってるので電機の統一闘争にも限界があるというものだ。

大阪からの帰り
新幹線の中で乗車券と特急券の2枚を紛失
続きを読む

将来不安

将来不安のない人はいないと思う

 小学生くらいまでは、みんな一緒なので何も不安を覚えること無く、健常者であれば、みんなと同じようにしていれば無事だったはずだ。
 アイデンティティが作られる思春期の頃から、人生の分かれ道がやってくる。自分の人生を自分で選んで決めて、失敗しては軌道修正して、といったことを繰り返す。
 誰だってボンヤリと、こうだったらいいけどね的な「想定」や、いくらなんでもこれくらいは的な「歯止めライン」は持って生きているので、それすら叶わなくなる可能性が出てきた時、将来が見えない時、不安を覚える。
 高校生の頃から、□大学を現役卒業して、○歳で結婚して、△歳で一人目を産んで…といったような、「ぼく・わたしの考えた妥当なライフプラン」を妄想している人ほど現実はうまくいかないと感じているんじゃないだろうか。

自分は何者なのか
自分は人並みに友だちができるのか
自分は人並みに勉強できるのか
自分は人並みに受験を通過できるのか
自分は人並みに卒業できるのか
自分は人並みに就職できるのか
自分は人並みに社会人できるのか
自分は人並みにスキルアップできるのか
自分は人並みに恋人ができるのか
自分は人並みに結婚できるのか
自分は人並みに子育てできるのか
自分は人並みに家や車を持てるのか
自分は人並みに子供を大学までやれるのか
自分は人並みに定年後を過ごせるのか

※今の時代、親より人並みが実現できるのは幸せなことです。
※これらライフイベントにしゃしゃり出てくるのが「リクルート」と「ベネッセ」である。
続きを読む

格安SIMの話

 僕は2009年からずっとiPhoneで、2015年にSBからauにMNPしてiPhone6を使っていた。そして2017年の今、2年縛りが解ける。
 SBもauも、2年ごとに機種変更しないと損をする仕組みになっている。月月割とか毎月割とか呼ばれている、本体代を補助する24ヶ月間の割引がある。これが25ヶ月目で無くなる。機種変更すればまた24ヶ月貰えるのだから、しないのは損だ。
 じゃあPhone7にでもしようか?と考えたが、今のiPhone6で何も困ってない。画面も綺麗、速度も不満なし。機種変するほうが面倒くさい。
 機種変更せずに続けることもできる。先の割引は消えるが、iPhone6の残額も償却されているため差し引きゼロだ。でもMNPによる各種割引も24ヶ月なので消え、来月から今より数千円高くなる。この差額、2年間で考えると無視できない。
 そこで、愛するiPhone6を使い続け、今より料金が上がらない方法を捜した。他社にMNPする方法も考えたが、auのiPhone6はSIMロックがかかっている。次に格安SIMを使う手を考える。UQmobileかmineoの2社はau回線のMVNOなので、SIMロックは無視できる。で、これしか道が無くなった。
続きを読む

熊谷→名古屋→伊香保

 昨日はだいぶ無茶しました。

 会社の所属拠点(250人)の一泊懇親会が伊香保温泉であり、楽しみにしていたのですが、同じ日に労組の会議 in 名古屋がブッキング!しかし自分は議長なので休めない…。途中退席できないか書記長に打診したが、締まらないからやめてくれ、その代わり議事次第は短くなるよう協力する!とのこと。会議中に一番偉いのは中央執行委員長でも書記長でもなく、議長。つまり早く帰りたければ、進行をうまくやれってことですね分かります。がんばりますハイ。
続きを読む

スノボ

1/7と9に、かぐらと妙高杉ノ原に行ってきました。
一式買い揃えなおしていざ出陣!という感じでしたが、滑ってみるとこれがまた。
板が変わると、だいぶ滑り具合が変わりますね。今までのカービング向きで硬いものから、グラトリ向きな柔らかい板にしたら、上級者コースでのデコボコに弱くなりました。これも慣れの問題なので練習あるのみじゃ。

スノボって、膝を柔らかくしていないと地面に対応できないため、ずっと中腰でスクワットしているようなものなんです。またバランスをとるために上半身も無意識に使うんです。グラトリしようものなら全身を使いますし転びます。
で、全身筋肉痛。

 たまらん…でも硬くなってきた。痛めつけて、強くなる。かも。

14日は豪雪警報の中、またもや湯沢方面へ滑りに行きました。今回は舞子スノーリゾートです。常時吹雪いているため、全面圧雪されておらず、特に上級者コースは転べば立った状態でも胸まで埋まってしまうほど。頭から突っ込めば視界も真っ暗で溺れるんじゃないかという恐怖。雪質は良かったのですが、新雪は突っ込むとその深さが全くわからないため何度もハマっては脱出を繰り返し、滑りよりそっちで体力を使ってしまいました。。ビール美味しかった。
続きを読む

1 2 3 4 259