LINE Payの話。

飲み会とかをよくやるんだが、何が困るって準備とかではなくて集金である。

皆さん経験あると思うが…
実際当日になるとドタキャン、逆に増えたりして人数が変わり、調整しても一人あたりの金額が変わったりすることがある。大抵は現金での集金となるので500円単位で計算したりするが、500円はおろか1000円札を用意できない人が多発したりする。幹事にはuncontrollableなリスクが常に付きまとうのだ。
しかも大金ともなれば集めるのも持ち歩くのもメンドクサイのである。

参加者が、リアルタイムに、細かく、確実に、支払ってくれて、それが自動的だったらどれだけ楽なのか。

実はこの手の決済にまつわる問題は、決済サービスを利用することである程度ラクチンになる。昔からあるのはPayPalだが、最近はスマホを使ったサービスが増えてきた。その中で、おそらく一番利用者が多いのはLINE Payである。LINEを使っている人なら、全員利用者だからである。

LINE Payは、Suicaと同じくチャージして使う電子マネーだ。
Suicaと同じように、あらゆる決済に使うことができる。

決済の方法は、3つに大別できる。

・ネットショッピングのLINE Pay支払い
・JCBデビッドカード(クレカ同様に使える)
・QRコード

QRコードを使うと、カードリーダーといった機械が不要で導入が安い。中国のアリペイのように、屋台などで使われるようになるかもしれない。Suicaと違うのは、個人間送金ができる点と、現金払戻しができる点だ。Suica同士で送金できたら便利だな、と思ったことはないだろうか。銀行振込は口座情報を漏らすことになるし、手数料も高い。Suicaなら口座情報は不要で、使える店が多いので現金と変わらない。LINE PayはJCBデビッドカードなので使える店はSuicaより多く、この点はクリアしている。

なおLINE Payを集金に使うことを考えると、送金は無料だが、現金払戻しで手数料200円がかかる点に気を付けたい。決済コストとしては金額の1%未満なら安いと言われる。つまり2万円を超える集金でないとコストが高くなるので、そこが使うか使わないかの分岐点になるだろう。※500円単位に丸めたりすれば差額でペイできるけどさ。

だが、飲み会の参加者にそれをお願いしても難しいだろうなー。LINEを毛嫌いする人が多いように、決済手段が増えるのを嫌う人も多い。すでに持っているものを使わせることはできても、他人に新しい行動、しかもお金が絡む事を促すのはとても難しい。
LINEでぴゅんぴゅん送金してもらえるとすげえ楽なんだけどもなあ。

結婚しました

2/14に結婚しました。
指輪もします。喧嘩もします。
結婚生活は最初の数年が肝心らしいです。

会社・友人・親戚といった周囲から、自分は一生結婚しない人種と思われていたので、どういう風の吹き回しだと言われる日々です。

前カノと別れた2015年、このブログを見れば分かるくらい暗黒の2016年、転機の2017年といった感じでした。出会ってから9ヶ月、付き合ってから8ヶ月と、割とスピード結婚だったのかなと。特に何かツールを使ったわけではなく、ただそこにあった何かを拾い上げたら結果的にこうなりました。タイミングというやつを実感している次第です。

式とかはあまり考えていませんが、嫁様の気まぐれで変わると思われる。

オメガの時計をもらう

結婚に先駆け昨年10月より彼女と同居を始めていたが、従妹が離婚の危機だったり、弟が警察沙汰やら病院送りやら、2017年は大変面倒な問題が継続的に多発しており、ゆっくり心を落ち着けて自分の事を優先できなかった。婚姻届を出す日だけはだいぶ前に決めてしまったので、気が付けばカレンダーも変わって目前である。この歳で付き合うと結婚まっしぐらなんだなぁ、と漠然と思う。

付き合い始めたころ、彼女の存在を外に向けてアピールしていなかったので、何も知らない同僚(独身)が出雲大社に旅行したお土産で「えんむすび」のお守りを買ってきてくれた。心から申し訳なく思ったが、今も会社の机の中で大切に眠っている。

ところで「君の名は。」で有名になった新海誠のアニメを見ていると、主人公がよく言うセリフに「~なんだと思う」というのがある。「僕はきっと、あなたの事が好きなんだと思う」という、自分の気持ちをハッキリと理解できていない、他人事で歯切れの悪い言い方である。正直気持ち悪い。

しかし、結婚とは電撃的な恋愛あるいは牧歌的な青春の延長線上にあると、心のどこかで思っていた自分としては、今の状況をどこか客観的に見てしまうのである。ただ主体的かつ肯定的に突き進んでいるのも事実だから「きっとこの直観を信じているんだと思う」と気持ち悪い言い方をしたくなる。

同棲を始めて生活サイクルや金銭感覚が変わり、お祝い金をもらい、ご両家顔合わせまで終えた今、人生の曲がり角というやつを肌で感じる。西野カナのトリセツは馬鹿に出来んな。

年始に親父から、壊れたオメガの時計をもらった。
スピードマスター オートマチック
壊れてるならくれ、と言ったらポンとくれた。代わりにオリエントのレトログラードが欲しいという。誕生日までに用意しよう。12万くらいで買えるだろう。齢71だから平均寿命まで使える時計になるだろう。

このスピマスオートは、3510.50というモデルで、90年代初頭、25年以上昔のものだ。スピードマスターは大きく分けて、手巻きのプロフェッショナルと、自動巻きのオートマティックが存在する。このモデルはリデュースと言って、オートマティックの中でも一番廉価なもの。つまり高級時計というより実用品である。当時は安さと日本人に合うサイズ感からたくさん売れたものの、ムーブメントの複雑な構造からくる故障が多かったという。一部の人から嫌われるモデルだが、おかげさまで今では部品もよく流通しており、取り扱う時計屋も多いのですぐ修理できる。どんなに高級でレアな時計でも、安心で迅速なサポートを受けられなければ使えない。特に海外製の修理は本国送りになりやすいので、下手な舶来品を買うくらいなら国産のグランドセイコーを買うという人もいるほど。

というわけで勇気を出して銀座のスウォッチビルに行き、オメガの修理センターに直接修理を依頼した。ここはアップルストアのジーニアスバーと同じで、時計職人がいるため実際に時計を開けて詳細な修理見積もりを出してくれる。故障の原因は、裏蓋とリューズのチューブの封止破れによる水入り、腐食だった。磨きやロー付けが必要とのことで、フルオーバーホールと修理、部品交換で10万円。少々高い気がしたが、メーカ修理はケースやベルトも綺麗になるうえ、精度調整も含めて品質の安心感は高い。新しい主の元に来る前に、綺麗になってもらうことにした。

修理見積もりと同時にムーブメントがCal.1140だと判明した。実態はETAのCal.2890-2にクロノグラフ機構(デュボア・デプラ製)を載せた二階建て構造。全部で45石・8ビートというシンプルと真逆の時代を感じる作りになっている(そんなだから故障するんだ…)。日差は悪くなく±10秒程度。今のセイコーファイブが日差±25秒程度なのでだいぶ良く感じる。裏蓋は透明ではないが、今では珍しい金メッキされたムーブメントなのだそうだ。また独特のクセを持ち合わせており、時間あわせ直後に分針が遅れる、クロノを作動させると針飛びするなど、それ大丈夫か?と思うものばかりだが、一部のマニアはそういうところを見て楽しむらしい。へー。
ちなみにムーブメントの変遷はこんな感じらしい。
Cal.1140→Cal.1141→Cal.1142→Cal.1143→Cal.3220(2005年~)
というわけで、今となっては比較的珍しいムーブ?かもしれない

コンピテンシー

人は年を食うほど、自らの弱い面を自分の中に閉じ込めて、直視しなくなる。無意識に避けるのである。

できないこと、やりたくないこと、反対したいこと。
そんなの誰だってある。そこで思考停止・行動停止して「やらない」人の多いこと。
よく「自分の殻」なんて表現をされるけど、本当はそんなものは無い。

ここでは「だがしかし」精神が必要。成功しなくてもいい。前に進めばいい。

どうすればいいかを考える。

絶対無理!
→じゃあ、何ならできる?

やりたくない!
→じゃあ、どうすれば折り合いがつく?

反対だ!
→じゃあ、どこまでなら妥協できる?

社会人であれば誰だって認識していることだと思うが、仕事は誰かから依頼されたことをやればいいというものではない。

例えばベテランならば、見える範囲が広がるので、誰かがこぼしたり想定していなかった仕事が見えるようになり、それらを拾ってこなす必要がある。それがベテランの役割だからだ。

言い方を変えれば、仕事とは、自分の役割や周囲からの期待を自己理解することで、自分で見つけて創る作業が大半だ。

極端に言えば仕事を自分で増やしている事になる。逆にやる気を出さず雑にやれば仕事は減る。

実はこれ、日々の生活(ライフ)と同じである。

ただ何もせず生きるなら雑にやればいい。楽しく生きる人は、必要な行動を自分で見つけてこなしている。

美味しいものが食べたいと思ったら、美味しい料理や店を探すために大なり小なり負荷と時間をかけるだろう。
誰でも思い当たる節があるはずだ。

ワークライフバランスとは、ワークとライフの負荷をどう分散させるかにかかっている。

どっちも充実させるとしたら相当の体力が必要となる。
余計なことをする必要はない。でも欲張りであるべきだ。

ここで、行動特性というものが効いてくる。
コツとしては

「どっちか」じゃなくて「どっちも」

「後で」じゃなくて「今すぐ」

と決めてしまうだけでだいぶ違う。

Bluetoothへの路

このたびiPhone8を購入したが、防水性を高めるためとかでイヤホンジャックが消えてしまったため、今までのイヤホンやカーオーディオが使えなくなってしまった。そこで唯一残されたライトニング端子にアダプターをさすか、Bluetoothに移行するか、仕事中ずっと悩んでいた。

電車の中で音楽を聴く分には、イヤホンアダプターで解決してしまう。問題は自動車だ。iPhoneはジュークボックスの他カーナビとしても使うので、充電とイヤホンジャックの両方が同時に使えないと困る。

しかし、その要求を満たすアダプターは存在するものの…、怪しいもの・不良品が多く、AppleStoreで販売されている正規認証を通過した製品は、5千円する高価なものであった。車でしか使わないアダプターにこれはちょっとなあ。。と悩んでいた。

色々考えているウチに、ふと気づいてしまった。
Appleは昔から、何でもかんでも無線化を進めている。マウスにキーボード、ワイヤレスはエレガントなのだ!と昔から言っている。なによりiPhone8の新機能の一つは無線充電である。もうこの波に乗っかるのが一番楽なんだろう。
というわけで、Bluetoothの製品を探すことになった。

続きを読む

iPhone8 gold 256gb SIMフリー

■iPhone8を買う

新しくAppleStoreでiPhone8 SIMフリー版を購入した。いま使用しているiPhone6を下取りしてもらおうとしたら、端末側面に落下の傷が何箇所かついており、これでは値段が付かないと言われた。AppleStoreの下取りは意外と厳しかった。なんでも、昔は画面と動作に問題がなければ引き取っていたらしいが、Appleから怒られて厳しくなっちまった、とのこと。正直ソフマップやじゃんぱらの方が価格的にもお勧めです…とまで言われた。

iPhoneXは品薄なのかと思いきや、店内ではiPhoneXを買い求めて箱を持っている店員や客でごった返していた。iPhoneはジュエリーや時計などではなく、2~3年で買い替える工業製品だ。それに17万は高価すぎる。冷蔵庫なら20万くらいでも普通だが、10年以上使える前提である。FaceIDは分からないが、OLE画面なら次のiPhoneで全製品に採用されてもおかしくない。近いうちに世界中で量産体制が整うため価格が下がるのだ。液晶の終焉である。ジャパンディスプレイには生き残って欲しい。

翻ってiPhone8なら安いかと思いきや、表題の機種はAppleCareまで含めると12万円と、PCを買えてしまう金額になる。一括で支払っても良かったが、折角なのでAppleローンで12回払いにした。金利ゼロなので毎月1万円支払っていくイメージである。これはオリコのクレジットを利用するため、手続きと審査で30分ほどかかる。店に入ってから出るまでのべ1時間くらいかかった。利用を考えている方は、少し時間的な余裕を持って行ったがいい。
続きを読む

水道

引っ越しシリーズ2
前回は電気だったけど、今回は水道でいじったところを少し。
賃貸物件で水道をいじるのは、それなりに覚悟が必要だ。

原状回復の契約をしている事を忘れてはいけない。何かを交換したり取り付けた場合、最後に戻さなければならないし、ひとたび漏水事故が起きれば、階下住人の家財の損害賠償や借家人賠償責任が発生し、大変なお金を支払うことになる。

とはいえ、必要な工具と部材を準備して、計画的に工事すればなんら難しいことはない。水周りの充実は生活の充実に繋がる。

■洗濯機の給水管

洗濯機の取り付けは、大抵引越し屋さんがやってくれる。が、あくまでサービスであり、万一のホース抜け漏水事故時に保証してくれるかどうかはわからない。自分でもきちんと確認しておくのが望ましい。アートやサカイといった大手ならともかく、地域限定の安価なローカル会社では保険に入っていないだろう。

引越しに関わらず、個人賠償責任保険に加入しておくことも併せて勧めたい。自分の勤める会社でも年に一度は耳にする事故である。22歳の新卒に100万超の費用が降りかかるが、誰も助けられない。
前の物件は公園の蛇口のような水栓にネジで固定するタイプだった。ホース抜けが怖くて、自前で逆止弁の付いたワンタッチ水栓に取替えて使っていたので取り外して持ってきた。今回は新しい物件なので元々ワンタッチ水栓だ。しかも元栓が壁に埋め込まれているスマートなものだった。実は洗濯機からホースが外れる漏水事故も時々あり、この場合逆止弁が役に立たないため、こまめに元栓を閉めておくしか予防策がない。

■台所の水栓不具合

住んで一週間後、キッチンの水栓の根元に水がジワァと漏れている事に気付いた。
シンクに流れ落ちるほどではないが、使用すると必ずジワッと丸い根元の円周が濡れるのだ。

朝気付いて、管理会社にクレーム。昼に地元の水道屋さんが駆けつけてくれた。凄く綺麗で新しめの水栓だったのに、ナットの増し締めでは直らず新品交換となった。設備なので費用は当然管理会社持ち。形あるものはいつか壊れる。

■風呂のシャワーヘッド交換

新しい住居のバスルームは大変広いが、未だに湯船に浸かったことはない。当面はシャワー生活のつもりなのでシャワーヘッドを節水タイプに変更した。これも前の家で使っていたものである。エコキュートはガス給湯器と違って送水圧が弱いので、シャワーヘッド交換で流水の勢いを上げる策である。こうしたシャワーヘッドは最初こそ無駄で高価に感じるものの、何年も使えるし、大変目の細かい穴からシルクのように滑らかな流水が頭皮やボディに程よい刺激を与えるため、大変癒される。また、手元のスイッチで湯を簡単に止められる機能が付いてたりして地味に便利なのである。

とはいえ、ゴツい多機能シャワーヘッドはオススメしない。風量が強くても重く大きいドライヤーは使いにくいように何事もバランスが大事。

■ウォシュレット取り付け

これが一番だるかった。_(:3」z)_
ウォシュレットと書いたが、TOTOではない。INAXでもイクシルでもない。パナソニックのシャワートワレである。

昔のカーチャンは全てのテレビゲームをファミコンと呼び、トーチャンはコピー機をゼロックスと呼んだ時代があったが、シャワー付き便座の代名詞といえばウォシュレットだろう。

これ、取り付け自体は簡単だが配管工事が伴う。上述したワンタッチ水栓の関係でウォーターポンププライヤーを持っていたので役に立った。配管工事では、フレキ管、パッキン、Oリング、ワンタッチクリップなどといった水道屋さんの世界が垣間見れるので大変刺激的である。

自分は地主なのでウォシュレットの自宅設置はぜひ実現したい夢の一つであった。それを、自分のこの手で自由にしてやるのだ。終わったあと、あまりの充実感から昼寝してしまった。
これから設置をやる人には必ずこれを言いたい。「トイレ用ふき取りシート」をたくさん用意しておけと。既存の便座を外すと、今まで知らなかった世界が見えることがある。そこは一種のタイムカプセル。ハウスクリーニングともいえど、分解しなければ手の届かないところまで綺麗にしてくれないのである。あとは言わなくてもわかるはずだ。

電気料金

熊谷から上尾に引っ越しました。何度も引っ越ししてるけど、今回初めて分かったことがあるのでメモ。

■電気料金の算出方法
大抵の人は「従量電灯B」で契約していると思う。ブレーカーの電力量で基本料が変化する契約だ。電気代は使用量により3段階になっており以下の通り計算される。

  1. 1段目:0kWh~120kWh  単価:小さい
  2. 2段目:120kWh~300kWh 単価:中くらい
  3. 3段目:300kWh~    単価:高い

単価は電力会社によって変わる。
今回の引っ越しで、最後の支払いに疑問があった

  • ご使用期間:10月 5日~10月 9日
  • 検針月日:(5日間)
  • ご使用量:31kWh
  • 請求金額:804円

【内訳】

  • 基本料金 127円63銭
  • 1段料金 351円36銭
  • 2段料金 338円00銭
  • 燃料費調整額 -93円93銭
  • 再エネ発電賦課金 81円00銭

前回の検針日から5日間しか使ってないから31kWhだけ。
…ん? なんで31kWhで2段目が計算されてるんだ!?

120kWh超えてないから1段目の安い単価で計算されるんじゃ。
実は、電気の従量課金は「使った分の実費」ではなく、「このペースで1か月使った場合」から算出される。

30日÷5日×31kWhなら186kWh/月となり、120kWhを超えて2段目が登場する。

一旦186kWhで電気料金が算出され、で1段目と2段目を各々日割りされていた。

なるほどね~!段階ってそういう意味なのね。わかりづら。

■初めてのスマートメータ
新居の電力量計は、スマートメータというデジタル計測器になっており、検針もオンラインで自動的に行われている。くるくる回る円盤は入っていないが、デジタル表示の液晶が付いている。

このスマートメータ、電力自由化で電力会社を切り替えたり、既存の電力量計では契約できない料金プランを設定できたり、一日の電気使用量をきめ細かくで監視できたり、多機能で便利だが、建物に検針員が来ない。だから検針票がない。
検針票がないと、お客様番号や地区番号が分からないので、いつ検針されていつ引き落とされるのか等が分からず、手続きのタイミングがわかり辛かった。

東京電力の場合、しばらくすると「くらしTEPCO」というWebサイトのIDとパスワードがハガキで送られてくる。これが検針票・領収書の代わりである。ハガキが送られてきたらログインすれば上記問題は解決する。
Webが苦手な人向けに、紙のご利用明細書を105円/月で郵送してくれるサービスもある。

さらばYBR125

2017年9月23日、YBR125を廃車にした。

中華YAMAHAが発売したアジアンバイクで、
逆輸入車が日本に入ってくると同時に購入した。
2005年1月のことだ。

その数か月前、買ったばかりの原チャリで色々と足を運んでいた。
だが原チャリは、速度制限に二段階右折といった法規制が厳しい…。
一度パトカーが真後ろについたので、30km/hで法定走行したら
大渋滞を招き「もう少し早く走りなさい」と拡声器で注意を受けた。

そうだ125ccの原付二種に乗ろう!車検ない保険安い税金安い!
と思いつき、教習所に足繁く通う日々となった。

ある日、教習所からの帰り、街灯のない真っ暗な交差点。
側面から車に突っ込まれた。右直事故だ。
自分の後ろにバスがいたため、ライトで蒸発現象していたのだ。
だるま落としよろしく、自分は座った体制のまま前に吹っ飛び
スクーターはエンジンがもげてそのまま廃車となった。
身体は幸いにも軽傷で済んだが、事故処理は面倒臭さを極めた。

被害者の自分には25万円の損害賠償と慰謝料が入り
教習所もめでたく卒業。中型二輪免許が手に入った。

そのタイミングで発売されたのがYBR125だった。

このバイク、12年間で1万キロも走っていない。
学生最後の数か月を共に過ごしてから、実家にずっと放置していた。
たまに動かすつもりだったがなかなか帰れず
帰っても、整備や動かす時間が取れず
登録した千葉市の緑区から、毎年納税通知書が来るたび
あぁ今年も乗らなかった、など考えながらコンビニで支払っていた。
※原付二種なので2000円くらいだけど…

バイクや自動車は、一度買えば放置しても大丈夫な耐久品ではない。
動かさなければ故障し、整備しないと機能を失ってしまう。
このバイクを動かせる人は実家におらず、当然動かなくなったが
両親は少しでもきれいにしておこうと、カバーを時々交換してくれていた。

負のサイクルも、これで終了だ。
バイク王を呼んで引き取ってもらうことにしたら
状態がアレなので処分量を取られる羽目になった。
巡回している廃品回収に無料回収してもらっても良かったが
バイク屋に処理してもらうのが、バイクへの最後の労いだと思った。

バイク王の兄ちゃんが「最後くらい、愛車と写真残しませんか」と言う。
自動車ディーラーの営業は自動車が大好きかというとそうでもないが
バイク屋の店員は、バイクが好きな人が多い。
せっかくなので、バイクと共にいる最後の写真を撮ってもらった。
最後に雑巾で拭いてやったからか、写真のYBR125は新品に見えた。

トラックに乗せられて去っていく姿はまさにドナドナであった。

実は5年ほど前、バイク熱が再燃したことがあって、
バイク屋に修理と整備を頼んで生き返らせたことがある。
バッテリーの交換もして、4,5万円くらいかかったが
やっと生き返ったYBR125を二度と死なせるか!と
あれ程まで抱いた想いは、数か月で失われた。
大事なものは自分の近くにおいておかないと失われる。

レンタルバイクでNinja250に浮気したときは
あまりの乗り心地に中古を買っちゃおうかと思ってしまった。
悩みに悩んだが、普段使いの自動車を持ってしまった今、
きっと乗らないでYBR125のようになると考えて、やめた。

1 2 3 4 260