携帯の通話を、価格安く!

昨今の携帯電話料金は、通話料がバカ高く設定されている。
時代はデータ通信が主役。パケ代を安くする代わりなのだろう。
しかし、通話しないのであれば、もはや電話とは呼べない。
スマホの源流はPDA(いわゆる電子手帳)なのでそりゃそうかもしれないが
やはり通話は出来なくては困るし、絶対必要だ。

そこで、データ通信を使った通話、つまりIP電話が注目される。
IP電話は、品質はともかく、とにかく安いのが特徴である。
国内なら無料もしくは1分2円。海外にかけても国によるが1分5円など。
本当に採算が合うのか疑問に思うような金額である。
(昔プリカでイタリアに携帯to携帯でかけたら1200円で3分も話せなかった…)

ビジネス向けでは比較的早くよりIP電話が導入されはじめ、
電話交換機のPBXもIP化され、電話機はLANで電源供給され通信している。
家にあるような固定の一般電話向けでは、インターネットプロバイダから
IP電話が当たり前のように提供されており、長電話する年寄りには最適だ。
携帯電話向けにも、Skypeクレジットや050プラスなど、手段は揃っている。
しかしイマイチ使い勝手がよろしくない。

なぜか?

携帯電話の番号で発信者番号通知ができないからだ。
(できても050がついたり、ドコモだけ非通知になったりする)

携帯電話では、番号通知なし=不審電話と見なされ
相手に出てもらえず、運が良くてもお留守番サービスに直行だ。
最悪の場合、通知なし着拒されているかもしれない。
IP電話は格安でも不便であり、常用は無理なのである。

厳密にいえば、IP電話でも「発信者番号通知」はできる。
電話会社から050の番号を取得すれば、その番号で発信できる。
しかし、今持っている電話の番号を表示させることはできない。
050番号なんか要らないし、番号の管理費用が高額だったりするので
インターネットプロバイダから無料で番号をもらったり
NTTの「ひかりでんわ」の方が安く済むかもしれない。

この、発信者番号通知に利用者が任意の番号を載せられない理由だが
特に国際的な決まりがあるわけではないと思われる。
他国ではSkypeの発信者番号に自宅や携帯電話の番号を設定できる。
日本では、犯罪防止を盾に、法律(利権)があるのかもしれない。
正直分からんので、詳しい人教えて…

この問題に対し、格安で知られるLINE電話は、ある程度解決しており、
きちんと発信者の携帯電話番号で通知されるのだが、
ドコモにかけたときは、こともあろうか「非通知」になってしまう。
一番ユーザの多いドコモに対して使えない残念な状況になってしまっている。

そこで楽天があっと驚くアイデアで解を出したのが「楽天でんわ」だ。

これはマイラインの仕組みで、うまく上記の問題を解決している。
マイラインとは、電話自由化の法改正の際に作られた
通話する電話会社を任意に選択できるサービスである。
相手の番号の頭に、4桁の電話会社番号をつけることで利用できる。
例えば家の電話からKDDI回線で通話する場合は、頭に0077を付ける。
後日KDDIから使った分だけ請求されるようになっている。
相手には、番号が通知され、KDDIを経由したことはわからない。
毎回4桁の番号を付けるのが面倒くさい時は、マイラインプラスを利用する。

楽天でんわは、この仕組みを携帯電話向けにしたものだ。
マイラインでフュージョンの回線を利用、通話料は通常の半額。
スマホなら利用手順も簡単で、楽天でんわアプリから発信すればよい。
アプリが相手の番号の頭に「0037」を付加してかけてくれる。
スマホの音声回線を使うのだから、標準の電話機能の発信履歴に残る。
既存の技術を使うことでシステムとの親和性が高い点はポイント高い。
音声回線なので、IP電話と違い通話品質が安定しているのも特徴だ。

しかし問題が無いわけでもない。
先に述べたように、格安IP電話に比べると高い通話料がかかってしまう。
さらに、同じキャリアや家族といった、もともと無料で通話できる相手に、
何も考えずに楽天でんわを使うと課金されてしまう。
相手が無料かどうかの自動判別は出来ないので、ユーザが選択する。
そのためアプリでは0037を付加しない発信ボタンが用意されていたり
設定した番号は常に付加しないといった設定ができる。

それでも、0037をつけるだけで利用できるというのは、価値がある。
アプリがなくても、つまりガラケーでも利用できる点は見逃せない。
フュージョンへの利用申し込みはネットですぐに完了するし

と、楽天でんわを手放しに褒めたけど…
やっぱりSkypeクレジットとかと比べると高いなあ。
実際、友人や内輪ならSkypeやLINEの音声通話機能で十分だ。
更にiPhone同士であればFaceTimeが使える。
ただ、どんな相手にでも使えるわけではない。

大雪で脱線

この大雪で甲府盆地を中心に各地は大変な目にあった。
うちの周りも車庫やヒサシが潰れ、なかなか手酷くやられた。

JR中央本線の復旧が遅れたが、除雪作業中に機関車が脱線したそうだ。
通常、大雪には排雪列車(ラッセル車)という特殊な車両を用いて除雪するが、
あまりの大雪に急きょ除雪装置の無い通常の機関車が投入されたそうだ。
機関車は一般的な旅客車両と違い、貨物列車をけん引するため重量がある。
それで雪を押しのけようとしたが、耐え切れず脱線してしまったらしい。
JRは、機関車の脱線と中央線の復旧遅れに関連はないとしている。

今回、同じ様にうちの前を走る高崎線も機関車で対応していたようだし
JR側も事情があるだろうから、機関車を使う対応自体は不思議に思わず
流石に中央線は凄かったんだろうなあ、程度に考えていたが。

これについてマスコミの書き方がだいぶ違う。
特に、首都圏との交通が断絶され恨みがつのる信州毎日新聞は
JRの見解と正反対の見出しで、思い切り噛みついている。
しかし渦中の山梨日日新聞は淡々としているものである。
以前から時々気になっていたが、信毎は被害者ヅラが得意みたいだ。

■山梨日日新聞
【大雪情報】除雪作業の機関車脱線 大雪で運休の中央線で

■信濃毎日新聞
長引くあずさの運休、除雪機関車脱線が原因 JR公表せず

■日本経済新聞
中央線全線、5日ぶり再開 除雪作業の機関車脱線

■スポーツニッポン
大雪で運休の中央線で除雪作業の機関車脱線

■NHK
小淵沢駅 除雪の機関車が脱線していた

■FNN
大雪の際、JR小淵沢駅構内で除雪作業中の機関車が脱線

余談。
機関車とは、動力を持たない客車や貨物車をけん引する車両のことである。
昔は蒸気機関車がこの役目を担っていたが、今では電気機関車のことを指す。
現在乗る機会の多い通勤列車や新幹線は、客車も動力を持っている。
「機関車」を見る機会といえば、貨物列車と、寝台特急くらいだ。

選挙の投票率

昨日、都知事選が行われ、舛添さんが当選しましたね。

ところが前日の雪の影響で大変に投票率が下がり、
19時の段階で約34%。最終的に50%に満たなかったようです。

合議制の議決機関である国会や議会では定足数や評決数といって、
一定以上の出席者数と有効票数が議事や議決の前提となります。
これを逆に捉えれば、あえて参加しないことで、議事そのものに
反対の意を表明することが出来ることを意味します。

が、公職選挙法の選挙は定足数がありません。
例え投票率が1%でも選挙は有効となります。
知事選ではなく、国政選挙である衆院選であろうと同じです。
議事に反対することはできず、ボイコットしても、無効票を投票しても、
有効票を投じた人に結果を委任するという意味になります。

投票率が低いと、その選挙の正当性が揺らぎます。
流石に1%だったら誰かが物申して裁判沙汰になると思います。

そのため選挙によっては、最低投票率を設ける事があります。
この投票率は無効票も含んだもので、5割程度に設定されます。
最低投票率は、ボイコットを誘発する事になるため、導入は慎重に行う必要があるようです。

今日のなぞなぞ

Why do cow wear bells around their necks?
なぜ牛は首にベルを付ける?

Because their horns don’t work.
かれらのツノは役立たずだからさ。

これは、なんとなくわかった。

hornsは動物のツノの事だが、それで作った楽器ホルンも意味する。
ホルンの原型は、昔の放牧民が持っていそうな角笛であり、
大きな音で遠くへ合図を送るために生まれたものだ。
転じて自動車などのクラクション(ホーン)も意味する。

英語では、牛をcowだのoxだのbullだので明確に使い分ける。
去勢していない雄牛bullはツノを使い戦うが、
乳牛、つまり雌牛cowはツノを使わない。
だからhorns don’t workだ。

彼らのホーンは役立たず。
だから音の出るベルを付けているのさ、というわけ。

牛の使い分けのところ重要だと思ったので書いておきたい。
僕は英語について詳くないので、どこかの受け売りなのだけれど。
日本と違い、西洋は「だれが」「何が」といった名詞(や代名詞)を重要視する。
物事の中心は名詞で、責任の所在を明確にする文化だといえる。

難しい書き方になってしまったが、要は考え方の違いである。

日本では、自然や周囲や環境からの影響や、つながりを重要視するため
孤立しないようなコミュニケーション方法が求められてくる。
対してあちらは、個の独立、主体性を(日本よりも)重要視する。
誰かが、(意思をもって)行動しない限り何も起きないのである。
名詞が無ければ何も起こりえない。

cowだけで色々な面が見えてくるものだ。

upon the shore

今日食べたお菓子に書かれたなぞなぞは、こんなのだった。

問:Why was the ocean arrested?

答:because it beat upon the shore.

単語の意味を書いておく。

ocean:海、海洋
be ? arrested:阻害された、逮捕された
beat:たたく、リズムを打つ
upon the shore:海岸で

直訳すると・・・

なぜ海は逮捕されたのか?
なぜなら海岸で叩くからだ

意味が分からない。

Arrested Development(発育停止)というコメディドラマで
The Ocean Walker(海を歩くもの)という話があったみたいだが
何か関係有るのかもしれない。

英語圏のジョークは、歴史や時事、映画、文学や音楽の知識がないと
理解できないものが多いと聞いたことがある。
子供向けのお菓子のパッケージに書かれたジョークなんだが
よくわからん。

そういえば、英語圏の人と会話するときジョークに困ったら
最近話題の映画のタイトルでも使うと良いと先輩に教えられた。

「あの変更はどうだった?」
「ディープインパクト」
「はっはっはっは」

みたいな。

CFD販売がSSDのユーティリティを配布してた

昨年、CFD販売から発売され爆発的人気となったSSD
S6TNHG5Qシリーズという製品がある。
東芝のHG5dというメモリチップを使用し、圧倒的な速度と低価格。
あのサムスンを売上ランキングでぶち抜き、しばらく上位を独占した。
東芝NANDの底力を見せつけられた出来事であった。
今でも価格.comの上位は殆ど東芝チップのSSDである。

昔から東芝はNAND型メモリのメーカーとして超有名で、
産業のコメで日本の経済を支えている数少ないメーカーである。
価格競争の荒波で半導体は壊滅的だが、頑張っていただきたい。
(他の日本にあった半導体メーカは外資に食われている)

私もS6TNHG5Qシリーズの128GB版を購入し、速さに満足していたが、
SSDは使い続けるうちにだんだん遅くなるのである。
HDDの場合はデータが断片化したり、使用しているうちにデータ量が増え
読み書き速度の遅い領域を使うようになると起こる問題だが
SSDは、NANDにしろNORにしろブロック単位で書き込む仕様上
データが多くのブロックに散らばるとHDD以上に遅くなってしまう。

問題に対する対策としては、定期的なメンテナンスと予防の二本立てとなるが
CFD販売は、その予防に該当するユーティリティを
上記SSD購入者に無料配布していることがわかった。

ディスク高速化ソフト「SSD Turbo Boost」ダウンロード
http://www.cfd.co.jp/ssd/s6tnhg5q.html

・・・・・テコ入れか!
しかし私には朗報。

このユーティリティは、PCのRAMを巨大なキャッシュとして使用し
ファイルアクセスをRAMディスク並みの速度で実現する一方
SSDの書き込みを最適化することで、回数を減らし高速化する。
ついでにSSDの長寿命化にもつながるという眉唾なソフトである。
SSDのコントローラが持つガベージコレクト機能をRAMでやるらしい。

この手のユーティリティは停電が死ぬほど怖いが
私のようにSSDを読み出し専用で使っているユーザには良いかもしれない。
例えばWebブラウザの起動がとてつもなく速くなる。

また、SSDは「書き込み」が苦手で、ブロック単位でしか書き込めない。
1ブロック512KBなのに、書き込みデータは4KBで流れてくるため
既存データ退避→ブロック一括消去→データ書き込みという流れを繰り返し
とても遅くなってしまう。以前よく話題になったプチフリである。
最近のコントローラはこれをうまく回避するようになっているが、
根本的な解決としては空ブロックを増やすメンテが必要となる。
Windows7で搭載されたTrimコマンドはこれを助ける。
具体的には、連続空き容量が増えるようデフラグをたまにするとよい。
上記ユーティリティにはそのデフラガー(MyDefragのラッパ)が付いている。

適用するとこうなる。
SSDwithPFB

ミシシッピ

同僚がオレゴン出張でお土産を買ってきた。
LaffyTaffyというアメリカなお菓子を食べていたら
パッケージになぞなぞが書いてあった。

「歯医者さんは休暇中にどこへ行くでしょうか?」
(where did the dentist go on his vacation?)

答えを見ると

「ミシシッピ川の河口」
(to the mouth of the mississippi)

なるほど、mouthは河口って意味もあったんだな。

動物の食物を取り入れる器官と川の終端という全く違う物を
西洋と東洋で同じく「クチ」と認識しているのは面白い。

よく調べると日本とほとんど変わらない意味で使われている。
「口が軽い」といった発声や言語を指す意味から
「水道の蛇口」といった形状、注ぐ、吸うといった用途、
食物を取り入れる部位、などなど。

話は変わるがミシシッピって単語めちゃくちゃ簡単だなー
文字数あるくせにMとIとSとPしかない。略せばMSSP。

メガネからコンタクトへ?

春闘の時期がやってきました。
新聞でよく目にする、定期昇給とベースアップという言葉。
違いはわかりますか?
最近は年功型給与システムの会社は減っているので、定期昇給という言葉は想像しにくいかもしれませんね。
ベアはローンや信用にも影響するので、結構重要です。

さて、最近スノボによく行くのでコンタクトにする機会が増えまして、方々から「コンタクトの方がいい」「別人みたいだ」と言われ、14年ぶりにコンタクトライフしようかなと考えています。

メガネは楽でいいんですが、どうしても見え方が不自然になる点や、よほど軽い(そして大抵の場合は高価な)フレームでないと鼻が重くなる弊害もあるので、コンタクトの悪い面を考えてもトントンなのかもしれません。
ただしソフトコンタクトは洗浄の煩わしさとコストが耐えられない。
装用感は良いですし交換が気軽にできる点は良いのですが…。逆に言えば、ソフトコンタクトは適度な交換が必要なので、これがコストにつながってきます。2年保証のソフトレンズでも、毎日使えば1年で壊れたりします。今では当たり前の、指でこすり洗いする洗浄方法だともっと壊れやすいかもしれません。

なわけで、ハードコンタクトデビューしたいと思います。
眼科いかないとなぁ。まずは近場の眼科探しから始まる。
そして慢性アレルギー性結膜炎との戦いが幕を開ける。

ナビを仮復旧

ちょうど一年ほど前、
ナビのHDDが壊れかけているという記事を書いた。

それから数か月で完全に壊れてしまったのだが、
特に遠出することもなかったし、スマホで代替できた。
おまけに故障の原因は明白なので、自分で直せるからと放置していた。

しかし、カーオーディオを兼ねていたので音楽鳴らせないわ、
初めてのスキー場に行くのが難しいわ、ETCの連携はできないわで
結構不便を感じるのも事実。
友人乗せて高速を走る時に音楽鳴らせないなんて残念すぎる。
ついに直すことにした。

三洋のナビというと、ジャパネットたかたの社長がテレビで
「今回はこれ!ゴリラ!ゴリラ!ゴリラ!」と叫び、売りまくった
ポータブルで手持ちも出来るGorillaが有名だが、
実はその陰でMMNAVIという2DINサイズの据え置き型ナビも発売していた。
私のは、このMMNAVIのHDD採用型、NVA-HD1100というモデルだった。
フロントからHDDが比較的簡単に引き抜くことができるようになっており、
売りとしてはユーザが自力でソフトをアップデート出来ることだった。
(当時は、HDDかナビ本体を直接メーカに送り、一週間かかるのが普通)

普通、ナビのHDDは専用の暗号化やロックが施されており、
PCにそのまま繋いでも、何も読めなかったりするが
このナビの場合、HDDを引っこ抜いてPCに接続するとそのまま読めてしまった。
(アクセス制限がないので、気にしていた違法性もへったくれもない)
なお、このHDDはIDEの2.5インチであるため、
USB接続のHDDインタフェースキットが非常に便利である。

構成としては以下の通り、FAT32のパーティションが4つあった。
1:基本パーティション1
2:拡張パーティション1の論理パーティション1
3:拡張パーティション1の論理パーティション2
4:拡張パーティション1の論理パーティション3

1がナビのソフト、2,3がオーディオ関係、4がユーザデータという感じだった。

パーティションが読めりゃ、データも読める!
ぎゅんぎゅんいっちゃう?・・・ぎゅんぎゅんいっちゃう!

さて交換しようかなと、手持ちのIDE HDDやSSDを試してみたが
どーやら元々実装されている日立のHDD専用に作られているらしく
形状的に干渉してナビに差し込むことが出来なかった。
これはいかん。日立のHDDを手に入れなければ。
車載用のHDDなので、-20℃でも80℃でも動いてくれるような、
製品にも使われている高耐久品が欲しかったが
購入から8年以上経っており、補修部品の期限も過ぎている。
とりあえず動けば、と一般的なPC向けのHDDを楽天オークションで落札した。
1000円。安いが古い。何しろ日立製。もちろん中古。

HDDの容量が違うため、適当にパーティションをいじる必要があったが
なるべくデータのセクタを変えないようにしたかった。
EaseUS Partition MasterとEaseUS Todo Backup Freeでゴニョゴニョして
ナビに差し込んでみたら見事復活!!

しかし普通のPC用なので、先日長野に行ったら寒すぎて
起動に大変時間がかかった。

また壊れそうなので、仮復旧とする。。

なお、取り出したHDDは現在、使用不能。
地図や本体データの複製はマズイと感じて、物理フォーマットをかけたら
トドメを刺してしまった模様。回転すらしなくなり、完全に故障。

iPodと連携できないし、ステアリングコントローラーは使えないし
地デジは見れないし、音楽を流せば音質が悪いときているが、
せめて購入から10年くらいは、2015年までは使いたいものだ。

PCをアップグレードした

パーツ換装はよくやるが、今回は中核部分のアップグレードである。
具体的には、CPU、マザーボード、メモリの3点セットを交換する。
これにより完全に新しい機種として生まれ変わる。

私のメインマシンは、2007年に新規一括で自作したもの。
あれから6年の間、故障や性能低下によるパーツ交換を重ねた結果
上記3点セットと、ケース、DVDドライブ以外は全て
ほぼ最新と言えるパーツに替わっていた。
更にCPUを2.6GHzから3.6GHzまでクロックアップすることで
古さを感じさせず延命することができていた。

だが、ここでひとつ問題が起きてしまう。
6年前のマザーボードを使用していることで
ほぼ最新と言えるパーツが本来の性能の半分しか発揮できず
宝の持ち腐れ状態になってしまっていた。

6年も経つと、ハードウェアの事情が色々と変化しているもので
ただマザーボードが古いというだけで様々な問題があった。
例えば、高性能なUEFIではなくBIOSが採用されてて融通きかないとか
今では当たり前のUSB3.0も無いのでPCI-Eに増設が要るとか
当時一般的ではなかった1TB以上のHDDでRAIDを組むと遅くなるとか
メモリ規格もPCIなど各種バス規格も、あらゆる面でボトルネックとなった。

自動車でいうなら、
「足回りを固めたので、次はエンジンを交換しないとね」
という時期にきていた。
じゃあ何時やるか?今はやめとこ!と1年ほどタイミングを見計らっていたが
先日、狙っていたマザーボードとCPUが、年末セールのセットで安かったので
ついついポチってしまった。

【簡単な構成】
マザーボード:ASUS H87-PRO
CPU:Intel Core i7 4770K
メモリ:DDR3 8GB
ビデオカード:AMD RADEON HD 6870 (OverClock)
サウンドカード:Creative SoundBlaster X-Fi
I/Fカード:玄人志向のなんかUSB2.0と1394のやつ
HDD1:東芝SSD 120GB
RAID
 HDD2:Seagate 2TB/7200
 HDD3:Seagate 2TB/7200

以下にアップグレード前後の性能比較結果を書いてみる。

まずはWEI。
今回変更していないパーツのスコアまで上がっているのは、
マザーボードに性能を頭打ちにされていたため。

before
クリップボード02

after
クリップボード03

メモリのスコアが上がっていることにも注目。
今どきのCPUにとって、メモリはボトルネックになるので速度は重要だ。
今回、速度も容量も上がったので、ちょっとした操作でも違いを体感できる。

次にHDD性能。
マザーボードを変えたためSSDの性能が劇的に向上している。
ここには無いが、RAIDの速度もぐっと向上した。

before
クリップボード01

after
クリップボード02