梅酒を移し替えた

うちにはもう何年前に漬けたのか分からない梅酒がある。
多分5〜6年は経っているが、数年前から果実酒瓶の内蓋が樹脂であるためか割れてしまっており、品質が心配されていた。
飲んでみるとアルコールは抜けてしまっていたが、おいしく飲める。また糖分が高いためかカビは見当たらなかった。

今年は梅酒を漬け直そうと思い立って、新しい果実酒瓶と、1L程度の食料品用瓶を買ってきた。今までの梅酒をこれにうつして保管すれば、品質が悪くなることはないだろう。

よく、ジャムなどの保管用に瓶を煮沸消毒するが、あれは熱いしリスクを伴う。酒を入れるのであれば、綺麗に洗ってよく乾燥させてから、ホワイトリカーを少し入れて振れば良い。また、最近よく手に入る台所用アルコール消毒スプレーを内側に一吹きして、よく乾燥させても良いだろう。このスプレーに入っているのは、水とアルコールと食品添加物である。

  

ケータイ代

auにMNPして4ヶ月目。3回目の明細。
うーん。
ここまで安くなってしまうと。
2年おきにMNPしたくなってしまう。

au_ryokin_201503

確定申告

今年は確定申告が必要になってしまった。

今年は以下の所得が発生した。面倒なことをしてしまったものだ…

  1. 会社からの給与(年末調整済)
  2. 労組からの給与+手当 (20万以上。これだけで確定申告が必要)
  3. 持株会の配当(微々たるものだが無かったことには出来ない)
  4. 証券会社A(普通口座)の譲渡益と配当
  5. 証券会社B(特定口座源泉あり)の譲渡益と配当

熊谷税務署に行くと、相談待ちが大量にいた。
おいらはWebの申告書作成コーナーで作って印刷してきたので、相談なしで直接提出コーナーへ。

上記の1,2は総合課税、3,4,5は分離課税で通算した。
株や投信は、同じ銘柄を何度も買うと平均取得価の計算がややっこしい。

例えば、投資額が100万で、保有中の配当が10万あり再投資すると、全投資額は110万となるが、価値が下がり105万となってしまった。
これを売却すると105万になる。100万が105万になったのだが、税制上の計算では105-110= -5で 5万の損失と考える。

平均取得単価は、その銘柄を保有し始めた一昨年に遡って計算しなければならず、自作で計算書を作成して添付書類としてつけた。
(さらに同じ銘柄を別の証券口座で買うとそれも織り込む必要があるがクソ面倒でやめた)

おそらく問い合わせが来るので待つことにする。

ハードコンタクトにした

熊谷のアイシティで購入。
眼科の検査含めると4時間位かかった。

いままでもソフトコンタク(SCL)を使うことはあったが
眼鏡からの乗換えということで、初のハードコンタクト(HCL)。

慢性アレルギー性結膜炎のうえ、軽いドライアイなので
馴染む期間は少々覚悟が必要か。。

買ったのはHOYAのアイシティEX-αというもの。
初のHCLということで、保証が良いのでこれにした。

  • 3ヶ月は返品や別製品の交換が無料。
  • 1年は割れても割れなくても何度でも同一製品に新品交換可能である。
  • 1年は紛失やスペアが欲しければ5000円/枚で同一製品を買える。

一枚15000円とHCLの割に高いが、保険料の上乗せと思われる。

HCLとはいえ使い慣れるまで爪などで傷つけてしまうかもしれないため、3ヶ月なり半年なりで検診時に新品に交換してもらおうと考えている。保証が切れる直前にスペアを買っておけば長く付き合えるはずだ。

HCLの装用感としては、SCLの裸眼のような感覚とはまるで違う。
眼鏡をかけている時、鼻と耳に重みなどの感覚があり視界に眼鏡があるため、眼鏡をかけていることを忘れることはまずない。
それと同様に、HCLも独特の異物感・装用感があるため、目が慣れたとしてもレンズが入ってることを忘れることはない。
つまりこの異物感を無視できるようになるかどうかが相性となる。

装用中、SCLと大きく違うのは、レンズがよく動くところ。
これにより涙の交換がよくされ、健康によいらしいのだが、逆に言えばレンズと共に視界が動いたり、レンズがズレる事がよくある。
また、表面積の小さいレンズが涙の表面張力で目の上に浮いているだけなので、ポロッと落としやすいのが欠点。
他には、夜に点光源などを見るとレンズの特性がモロに出るところか。具体的には肉眼では見えない光の筋が見えたりする。
SCLでもモヤっとした光のボケが見えたりするが、これは肉眼のカスミ目と変わらないので気にはならなかった。

しかしHCLは硬いので、角膜乱視の補正能力が高く、光学的特性が良いとされ、きちんと慣れれば解像感の高い視界が得られるそうだ。

奥歯

先月のインフル休暇中に奥歯(の後ろ)が欠けるという恐ろしい事件が起きた。
欠けた部分は実は歯ではないかもしれない。昔の詰め物であり、経年劣化で天寿を全うしたのかもしれない。しかし私にとって歯は歯である。メガネは顔の一部です。それは初め、東尋坊の断崖の岩が縦にさけて崩れ落ちるように、ボロリと割ける様な欠け方をした。そして徐々に歯間の違和感としてあらわれ、何かが詰まったような感覚をおぼえた。そこで糸ようじを使ったところ、事もあろうか砂粒のように、劣化したコンクリのように、しゃりしゃりと砕けていくではないか。この時の気持ち悪さたるや、とても言葉で形容できるものではない。口の中に残ったのは、シャリシャリと、歯から溶け出した「苦み」だった。

auにMNPしてiPhone6に機種変更

レベルを上げて物理で殴る、みたいな
タイトルになってしまった。

結局のところauに戻ってくることになった。
顛末はこう。

先の記事に載せた計算シートによれば、やはりauにMNPするのが一番安いが
softbankにMNP予約番号を電話で取る際、引止めポイントが1.5万もらえれば
トントンになる。機種変更でアドレス変更がなく楽ちん。
そうなればいいなと電話したが引き止めポイントは無かった。
ドライに「ウチで機種変するよりも安くなるということですね」と言われ終了。

ただ、auにMNPするにも、やるショップによって割引措置は千差万別。
例えば、この機種なら期間限定で1万円キャッシュバックだとか、
機種やタイミングや店によって、どれだけ得なのかが大きく変わってくる。
かといって、そんなものいちいち調べて比較している暇はない。

こういう時、ポイントのつく大型家電量販店(しかも激戦区)に行くと
大体、何か特典があるような気がする。
今回はヨドバシカメラの秋葉原店に行ってみた。
すると、au iPhone6/Plusの新規加入なら1万ポイント貰えるようだった。
1万円分も貰えれば、ケースや保護フィルムが買えるので十分オトクだ。

店員と、自分の計算結果のシートを照らし合わせて問題ないことを確認し
いざMNPの作業にかかった。

予想外なことに「年末年始限定 auにかえる割」施策が打ち出されており
基本料金が2年間チャラになる割引が自動でついてきた。
月額980×24≒23,500円も安くなってしまった。

予想外は続く。
年末商戦で、ヨドバシポイントがもう1万ポイント追加されたのだ。
合計2万ポイントもどうしろというのだ。しかし貰えるものは貰っておく。

他にも、「今なら2年間無料」なiPadやらWiFiやらGPSやら
いろいろアピールされたが全て要りませんで済んだ。

一番強烈だったのはauスマートバリューだ。
MNP申込書に書いた住所から、勝手に使用できるKDDIのネット回線を調べ、
ネット回線の乗り換えを勧めてくるのである。
うちの場合はJCOMのCATVが入っているため、そちらに乗り換えないか勧められたが
最低でもアップロードで月に30GB以上使う旨を伝えたら
「ムリデス」と引き下がってくれた。

結果的にオンラインショップでauにMNPするよりも、
4万円以上得してしまった。この4万円はどこから出てきたんだろう…
普通に機種変更している人は、2年間で20万円近く支払っているはずである。
これが、このタイミングでヨドバシでMNPしただけで、16万円になったのだ。
何とも言えない気分になったが、折角貰ったので有効に利用させてもらう。

MNPによる弊害についてだが、
iPhoneからiPhoneへの乗り換えは、iTunesやiCloudを使えば
キャリアに関係なく一発で移行できるため特に問題なかった。
せいぜい、メールアドレスが変わったことくらいだ。
しかし今はLINEの時代だし、電話番号宛てにSMSできるため
メールアドレス変更の連絡をしなくてもいいかもしれない。

iPhone6への乗り換えシミュレーション

現在SoftBank iPhon5 32GB から iPhone6 64GB への乗り換えを
2年契約で12月にやるとして、料金のシミュレーションをしてみた。
ざっくりだけど。

iPhone6_mnp_sim

auスマートバリューは「auひかり」の加入が必要なので
計算から外している。

旧プランなら何でも安いという結果になった。
docomoに旧プランもう無い。
Softbankのホワイトプランは11月までと謳っていたが
結局延長されることになったそうだ。
MNPの予約番号を電話で取得しようとすると、理由を聞かれるそうで
場合により引止め用のポイントが数万円分貰えたりするそうだ。
Softbankのまま引止めポイント貰って機種変するのが一番安いということかも

なお、iPhone6Sが出るまでSoftbankを解約し、
MVNOでiPhone5を延命させるパターンも考えたが
SIMロック解除が非常に面倒くさいのでやめた。
iPhone5はLTE初対応ということもあり下駄による解除が不完全であるし、
下駄はSIMを破壊する可能性が高い。
ファクトリーアンロックも考えたが、スリープボタンが壊れており
長期間の使用は考えておらずコストに見合わない。

結局のところ無理せず
MNPなりキャリアのが割引を活用して安く済ませておくのが得策と判断した。

友人結婚

11/1は、長野で、以前の派遣先の社員さんで同齢でもある友人の
結婚式だった。場所はアニヴェルセル長野。この間は豊洲だった。

僕はどの席に座らされるんだと思っていたら、同期席で一番前列だった。
少々恐縮してしまうが、久しぶりに会った上司や皆は
「お!久しぶり!」という感じで、疎遠さがなかったのは救いだった。

2年半ぶりに会ったが、少しやせたような気もする。
彼は「いつ結婚できるんだろ」とよく言ってたが、結局先を越されてしまった。

全てを加速させたのは奥さま。
付き合って1ヶ月目から、デートで結婚式場の下見に行きたがる奥さま。
そんなことを繰り返し、プロポーズは式場デートの帰りだったそうな。

二人ともよく食べる。
食べるときの顎の動かし方や顔がそっくりで、皆で爆笑してしまった。