自宅のルータを更新 IPv6化

それまで使っていたAterm WG8700Nの無線の調子があまり良くなく、もし突然死されると仕事に支障が出るため早めに交換することにした。

新しいルータはAterm WG1900HP2という今年のモデル。単純に性能が上がっているので高速化を実感できるが、今回はv6プラスやtransixといった「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」サービスに対応しているものを選んだ。
なお「IPv4 over IPv6」とはIPv4パケットをIPv6でくるんで通信する方式で、MAP-EやDS-Liteと呼ばれているものである。プロバイダにより対応状況が違うが、自分の使っている朝日ネットでは対応していないため今回は触れない。

最近はIPoEによるIPv6接続がトレンドだ。IPv4についてはIPv4 over IPv6やPPPoEで併用する。ついに時代はIPv6!総グローバルアドレス社会か…と未来を感じる日がやってきたようだ。

しかしIPoEにはだいぶ戸惑った。ダイヤルアップ時代はPPP、ADSL時代もPPPoEに慣れきっており、プロバイダにログインしないとIPアドレスが付与されない(インターネットにつながらない)ものだという思い込みが強かったからだ。
プロバイダから渡されたIDやパスワードを入力せずとも、線をつなげば勝手にIPアドレスが与えられてネットが使えているし、繋がるサイトとダメなサイトがある、といった中途半端な状況を見て、違和感この上なかった。これは勉強が必要だぞと。

フレッツ網におけるIPv6

IPoEの概念自体は知っていたが、実際使ってみるとナルホドよくわかった。IPoEとは、回線に物理的に接続すると自動でIPv6アドレスが付与される仕組みである。具体的にはIPv6プレフィックスがRAで通知され、DHCPv6がDNSサーバを広告する。これらつまりIPv6の新しい標準機能であり、プロバイダのPPPを通さずにインターネットにつながるのだ。通信相手がIPv6であればこれだけでいいし、通信経路も無駄がないため凄く速い。

IPv6標準機能で実現していると書いたが、IPv6パススルー(ブリッジ)に対応しているルータを回線に接続すると回線事業者から機器にIPv6アドレスが付与・生成される。ちなみにIPv6ネットワークアドレスは、ISPから付与される前半のプレフィックスと機器が自分でMACアドレスより生成する後半のアドレスで構成される。機器がルーターであれば、パススルー機能で配下の機器にもプレフィックスが通知され、個別のアドレスが生成される。IPv6は規格そのものが機能的で、IPv4と違う世界であることを実感する。
このような仕組み上、古いルータでもIPv6パススルー(ブリッジ)に対応していれば、IPoEが使える可能性がある。ただし後述のデュアルスタックには対応していないものが多いため、IPv4も使おうとしてPPPoEしてしまうとIPv6もPPPoE経由となり意味がない。

ところで、IPoEでつながってもIPv6アドレスしか持ちえないのでIPv6未対応の相手とは通信できない。観れないサイトがあるのはそのせいだ。不便なのでIPv4アドレスも欲しい。そこで、プロバイダに合わせてルータを設定することになる。IPv4 over IPv6サービスがあればそれを、無ければIPv4をPPPoEで設定すればIPv4アドレスをゲットできる。過渡期なので仕方がない。ゲーム機はIPv6に未対応なものが多いのでIPv4ゲートウェイはまだ必要である。

うちで使っているISPの朝日ネットはIPv4 over IPv6サービスを提供していないため、IPv4だけPPPoEを使わなければならなかった。IPoE対応したルータはデュアルスタックに対応しているため、IPv4とIPv6それぞれの接続状態を確認できる。今回の場合IPv6はIPoE、IPv4はPPPoEでの接続となった。(なお回線がIPoEに未対応だった場合は、IPv6/IPv4共にPPPoEでの接続となるようだが、本機はIPv6 over PPPoEに未対応だ。最近のルータは、IPv6についてIPoE利用を前提に作られているようだ)

忘れがちな問題はセキュリティである。IPv4ならLAN内は今まで通りNAT(NAPT)を使用すれば取りあえずセキュアだが、IPv6はグローバルアドレスなので外部から丸見えになってしまう。外部と機器が直接通信可能で超絶危険な状態だ。ルータなどでフィルタリング設定が必要であることに留意されたし。最近のルータには「NDプロクシ」という実装がされているので必ずこれを使おう。

LANケーブルの修理

仕事に疲れて何もやる気がなくなると自分で仕事を作り出す。

以前ストレスフルな状態になった時は、社内からありったけのホワイトボードマーカーを集めてインクを補充しまくって一日を過ごした。

今日はツメの折れたLANケーブルに悩まされていたこともあり、コネクタを交換修理することにした。ハード屋さんの棚をあさると、RJ45コネクタはすぐに見つかった。でも「かしめ工具」が無い。

工具の所在を探して回ることにした。
自分の課に無いなら、部内で探すことになる。部員は100名以上いるから、誰か知ってるだろう。でも流石に全員に聞いて回ることはできない。メーリングリストで聞いても良いが、部長が見たら仕事サボってなにしてんだ状態になりかねない。
よく話をする電気系エンジニアを10名ほど見つくろって聞くことにした。

すると皆、見たことが無いという。どうも部内には存在しない可能性がでてきた。あらゆる圧着工具がそろってるのに、RJ45だけないんか。社内設備などを担当する工務課や、装置を作る製造課ならありそうだという。そりゃ製造課にいけばあるだろうが…。
ところで手軽に「貸して」で貸りられるのは開発課や工務課くらいだ。製造課は工具がなくなれば事故につながる。航空機の整備工場で工具がなくなると大変な騒ぎになるが、同じくらい難しいだろう。一時的でも貸し借りはさせてもらえない可能性が高い。
工務課にはそもそもコネクションが無い。知りあいの知りあいまで頼んで探してもらう必要が出てくる。普段の仕事でも分野外の事を推し進めるためならそんなこと日常茶飯事だが、こんな遊びに巻き込むのも気が引ける。

以前、工務課の方に蛍光灯を替えてもらった事を思い出して取り次いでもらったところ、自分のいる開発部にあるとのことだった。マジか。よくよく調べると、よりにもよって自分の課内であった。昨年、組織変更の吸収合併があった時に紛れ込んだらしい。ようやく発見したときには夕方になっていた。

工具には、RJ45のコネクタとコネクタカバーがセットで保管されていた。とりあえずLANケーブルを修理できたので満足だ。

OLED

国内メーカから有機ELテレビが発売されて久しい。電気屋さんに行けば、大画面で美しい映像が見られる。しかし、それらは全て韓国のLGやサムスンのパネルである。

どのメーカもパネルが同じだから、画像処理による調整で差をつけようと頑張っている。パネル製造元のLGのテレビより、日本メーカーのテレビの方が画質が良いのは調整の賜物だろう。

続きを読む

医者通いの盆休み

今更だが、今年は8月の盆休みを9日間とった。

明けてみれば曜日感覚が完全になくなってしまい、燃えるゴミの日を忘れる体たらくである。たまの長期休みもいいものだ。

この休み中、いろいろあった。主に医療関係で。

続きを読む

ふるさと納税で西日本の被害に寄付

今日は午前に人間ドック、午後は風疹の抗体検査を受けて、へろへろです。

ここ何年も天変地異の前触れか豪雨による災害は毎年のことだが、今年の被害は広範囲に及んでおりインフラもやられた。自治体の負担が大変大きいことが予想されるが、西日本は東京のように自動的に金が集まるような土地では無い。というわけで、以前何度も遊びに行ったことから広島県に寄付することにした。

今回はふるさと納税の枠を使った。通常は御礼の品を目当てにやる人が多いが、制度はあくまで寄付である。寄付額を所得税・住民税から控除する仕組みがあるので「住所に収めるはずだったお金を他所に納税する」感覚になるが、本来は他所の自治体に見返りを求めず寄付する仕組みであり、文字通り「寄付」するのは今回はじめてとなった。

余談。

ふるさと納税制度は、自分が住んでいる土地の納税から控除されるため、生活に必要な行政サービスに対する金を渋っていると批判する人もいるが、そこまで大金でないのであれば、個人の想いを乗せた金を寄付できる制度と考えれば悪いものではないだろう。ただし、災害などではなく慢性的に困窮している自治体は早く潰れ(吸収合併され)てしまったほうが社会のためだと思う。いわゆる限界集落を抱える村や町。

そもそも全国の若者や労働者が東京に集まりすぎているのが一番の問題点で、その土地で生まれた人がその土地で働いて納税し子供を増やすことを繰り返せば何の問題もないのである。国の人口減少が止められない今、労働人口は更なる傾きで減っており、経済活動の減少は明白である。つまり今後は今よりもっと仕事が減り、東京に人が集まり地方が過疎化する。国全体で買う人が減るので商品は値上がりするが、数が売れないので給与は下がる。貧富の差が広がるのではなく、国全体が貧乏になる。外国人労働者を招くか、海外で働いて住むかという選択を迫られるだろう。そういった問題の顕在化を先延ばしする悪魔の制度がふるさと納税なのである。

電子マネーKyashを使ってみた

以前のエントリでも書いたが、Kyashはキャッシュレスの基本である4つの機能のうち、次の3つの事ができる。

・入金 サイフにお金を入れる。チャージ。

・決済 物やサービスを買う。

・送金 お金の受け渡し。貸し借りや割り勘。

少し使ってみたので書いてみる。

なお、Kyashにおけるお金の単位は円ではなく「Kyash(キャッシュ)」である。Kyashはお金ではなくポイントだから、法的な送金にあたらず本人確認が不要だとアピールしたいのかも。

続きを読む

Kyashを使い始めてみた

現金大好きな日本の社会において、全く浸透しないのがキャッシュレス決済。
アメリカならどんな小さい店でもクレジットカードやデビットカードが使えるし、中国ならアリペイというスマホ決済が一般化している。日本ではせいぜい、SuicaとEdyといった電子マネーだろうか。

続きを読む

職場のデジカメが懐かしい

私の仕事はプログラマだが、製造業だけあってカメラを使うことが多い。装置作業やドキュメント作成、会議の議事録に写真を使うと楽なのだ。セキュリティが甘かった時代は、自らのケータイカメラを使う人もいたが、現在は職場の備品を使うよう徹底されている。(あたりまえだ)
職場のカメラは富士フイルムのFinePix。2007年製と古く、日々使用され何度も落下事故に遭い、見た目はボロボロ、まさに満身創痍である。

このカメラ、見れば見るほど懐古心をくすぐられる。 続きを読む

1 2 3 4 261