MacBookAir Mid 2011のSSDアップグレード その1

前提

MacBook Air Mid 2011はSandy Bridge世代のCore i5を搭載しており、2019年現在でもWebや事務用途なら問題ない性能を持っている。しかしながら時代や環境の進化からすると一昔古いハード構成となっており、Appleのサポートも切られmacOS mojaveの対象外となった。
サイズ感やバッテリーに不満はないので、Windows10とOfficeを入れて外先やコタツで使えるマシンにしてしまおう!というのが今回の流れだ。Webを見ながら書類作成するような、マルチタスクなPC環境を持ち運べるのはタブレットにはない魅力なのだ。

元々知ってたこと

このマシンには性能上の大きな弱点が2点ある。メモリとSSDだ。

メモリは4GBしかない。そしてオンボード直付なので増設できない。4GBで64bitOSを入れてバリバリ使う運用は無理。※世の中には基板上のチップを取り換えるツワモノもいるそうだが。

しかしSSDは交換可能だ。MBAのSSDは、薄い筐体に搭載するため細長い基板状をしており、スロットもApple独自形状となっている。MBA2010と2011は同じスロット形状で、バスはmSATAそのもの。だがMBA2010はSATA300、2011はSATA600と速度に違いがある。純正SSDはSATA300で動作するため、MBA2011なら交換すれば性能を伸ばせる(規格上は2倍になる)。

なおApple独自形状スロットはその後も変化を続け、いずれPCIeとなっていく。参考サイトのリンクを貼っておく。
The Ultimate Guide to Apple’s Proprietary SSDs

性能を上げる方法

SSDを高速大容量化すると幸せになれそうだ。

現状、純正の256GBが付いているので、最新チップでSATA600の512GBに交換することにした。基本的にSSDは大容量であるほど高速になる傾向がある。

交換するSSDの準備方法は2通りある。

Apple独自規格に対応したSSDを購入する

下記の製品が有名。

  • トランセンド Jet Drive 500シリーズ
  • OWC Aura Pro 6G SSDシリーズ

どちらも専用キットなので、本体から取り外したSSDを外付けしてデータ移行や再利用するためのケースが付属する。ケースのI/FはUSB3.0で、高速なUSBメモリとして動く。Apple独自規格に対応した変換ケースは珍しい。

M.2(SATA)規格SSDを購入して独自規格に変換する

今、M.2スロットに対応したSSDは巷にあふれており種類が豊富で価格が大変安い。M.2スロットは、USB3/SATA3/PCIeといった複数のバス規格を仕様に含むので、SATAとして使う場合に限りApple独自規格に変換できる。M.2を独自規格に変換する下駄はAmazonで売っているし、秋葉館等でSSDとのセット販売もされている。

どちらも一長一短あるが、基本的に詳しい説明書やデータ移行のしやすさ、電気接点の少なさ、動作保証に長のある前者が良いだろう。環境移行にも使える外付けケースが付いているのも見逃せない。ただし金額は高い。

自分でSSDの選定から取り付けまで自信のある方は、後者の方がよいだろう。好きなコントローラとNANDを採用した製品を選べるし、安くしようとすれば前者の半額でできる。保証がない点が気になるのであれば、ショップのセット販売でよいだろう。最近はSSDの価格下落が激しい。

今回はケースが欲しかったので前者を選択することにした。実は何割か安く済ませる方法がある。海外から個人輸入してしまえばいいのだ。物は世界中どこでも同じ価値ではない。国ごとの需給で価格が決まる。Mac関連パーツは、Apple製品が市場に潤沢なアメリカならサードパーティーも多く安い。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください