この夏は

大学時代の友人に11年ぶりに会いに根室に行ったり
西伊豆でアジ釣りを楽しんだり
飲み代に10万円使ったり
合コン行ったり
それなりに充実していたと思う。

そんな中、仕事も多忙を極めた。
その一環でローンについての勉強会があり
労金の人から聞いて驚いたのが
ヴァイオリンという楽器の値段についてである。

ローンの相談に来る人は、
「あなた、その前にもっと必要な物があるんじゃないですか」
と言いたくなる人も多いという。
生活費や老後の資金も足りていないのに
子供の教育費だけは糸目をつけないという人が、とにかく多いらしい。
その中に出てきたのが、ヴァイオリンの購入費。

ヴァイオリンは1万円から何千万円もするものまでピンきりだが。。
子供用の分数ヴァイオリンなら1万円くらいからあるが、大人が趣味で始めるなら最低20~100万クラスが必要となる。それでもそれらは界隈の人に言わせれば「ニセモノ」であり、音大を目指すなら300万クラス以上の「ホンモノ」でないとコンクールも受からないし、プロなら1000万を超えるものが普通なのだという。
1000万円以下のヴァイオリンは、音の違いが明確なのだそうだ。
スポーツに例えるならフィギュアスケートのような、お金持ちでないと教育が難しいジャンルの楽器なんだろう。

何でも、新しいものは安く健康状態こそいいものの、音がひっくり返るだのキンキンしやすいだので、奏者からゴミ扱いされるそうで。古くて安定した音が出るものが良いものとされるが、あまり古すぎてボロだと音量が出ないらしい。古さのオーダーはというと、数百年といった感覚で、殆どイタリア製。
有名なストラディバリウスは1600年~だそうで、少なくとも世のヴァイオリンはこれより新しいということだ。

まあ、ブラインドテストすると新品が一番音が良いと判断されることもあるらしいので、俺にはよく分からんが、金がかかるということだけはわかった。
まるで家を買うような話である。

前向きなマインド

無理難題。出来ない理由は、誰も期待していない。
でも今のままではまずできない。
だから、これがクリアになれば出来ますよ。
クリアにしてください。リソースをください。金をください。
前に進む方法なら、強く言える。受け入れてもらえる。

かつてあれほどまでに強かった想いとやる気は消え
日々弾力を失っていく心を酒で支えている今だから
そういったマインドが必要なんだなと、再認識することがあった。

時計を買った

今回は完全に趣味でオートマチックにした。
セイコー5という、日本製だが廉価な時計である。
僕は25の頃まで「時計は正確さが本分」と言っていたのに
今では完全に「時計はアクセ」「スマホでいいじゃん」である。
機械式は、これはもう完全に趣味と自己満足だ。

電気を使わずにゼンマイや振り子でチクチク時を刻む機械式は
今でこそほとんど目にしなくなったが、少し昔まで生活の中にあった。
幼稚園では先生が毎朝、ハト時計を合わせて振り子を動かしていたし
週に一度、テレビの時報で合わせたりしていたものだ。

機械式は頻繁に時刻合わせしなくてはいけない。
クォーツ式は、月差といって1ヶ月で1分程度しかズレないが
機械式はなんと日差、つまり毎日10~30秒、1週間で数分ズレる。
わざわざそんなメンドクサイ腕時計を買ってしまったのだから
僕も物好きということなんだろう。

そういえば、腕時計の歴史は1780年頃からあるそうだ。
当初は懐中時計を腕につけたようなものだったそうだが、
モノとして残っているのは19世紀に作られたものだ。
機械式は小型化と精度向上を目指して世界中に沢山の時計職人が生まれた。
その過程で内部構造や歯車の技術革新が進んだ。
20世紀には振ればゼンマイが巻かれる自動巻きも生まれた。
その後、精度向上のために電気で動く時計の開発も進む。
固有の振動数を持つ音叉を用いて運針する時計などが登場した。
日本にも沢山の時計職人がいて活躍していたそうである。
1970年代にセイコーがクオーツ式腕時計の実用化に成功。
クォーツ式はかつて無い精度で時を刻めるがサイズが大きい問題があり
競技用といった特殊分野向けだった。それを腕時計で実現してしまった。
セイコーは特許を公開し、世界中で開発が進む事になった。
結果、数年で価格が数十万円から数千円まで落ちた。
それまで腕時計は高級品で一部の人しか持つことができなかったのに
従来より遥かに高精度な時計が、子供も持てる道具になった瞬間だった。
するとアメリカの時計産業は全滅。スイスも大打撃をうけた。
特にスイスのメーカーは生き残りをかけて、あえて機械式で挑み
精度向上を目指した高級品か装飾時計で生きる選択をした。
まさに時計の革命。これはクォーツショックと呼ばれた。
当のセイコーも新興国勢に価格で勝てず、今では高級機械式を復活させた。
富士フイルムがデジカメを普及させた結果、写真技師が消えた話に似ている。
革新的な製品が普及すると、それまで必要だった職は不要になる。時代の流れだ

余談だが、学校の教室にある時計は「カタン」と分針が動く。
全教室で同じ時刻を示していることを不思議に思い、調べたことがある。
実はあの時計、表示器(子機)であり、時を刻む機能は持っていない。
壁の中の配線とつながっており、大元の親機から届くパルスで運針している。
その代わり建物の中の時計を全て同時に合わせることができる。
逆進ができないので、時刻合わせの際は全教室でグルグル針が回る。
一度授業中にそうなったことがあって、ちょっとしたホラーだった。

img_0582.jpg

浸け置き洗いにハマって1年が経った

朝、会社行く前に洗濯機で「洗い3分」だけ設定して放置。
帰宅したら洗い9分、すすぎ2回、脱水3分。
そよそよと風が吹く夜中、外に干しておく。
翌朝それを来て仕事に行くとサッパリした気分になる。

えりやそでの皮脂汚れがいい感じに落ちる。
あと「自分臭」や「部屋臭」が消える。(着ればまた付くけど)

頑固な汚れはプリケアしておくといい。
こすらなくても酵素がなんとかしてくれる。
脱水少なめで外に干すのは、シワがつかないから。
弱く風が吹いていると乾燥機のようにフワッと乾く。
夜中に干すのは色あせ防止。

でも洗っている服のタグには「つけおき禁止」だったりする。
コツは漂白剤を入れすぎない。

なお洗濯機の水栓は普段は閉めておいたほうが良い。
しーの会社には6500人くらい社員がいるが
年に1度くらい、社宅での水漏れ事故が起きる。
蛇口とホースはワンタッチ水栓で安全だったとしても、
ホースと洗濯機が外れてしまう例がある。これは救えない。
アパートやマンションでは大家や下階への賠償金額が普通に100万を超える。
新入社員で突然150万の借金を抱えたやつもいる。
引越し業者が付けたから安心してた…と。
保険に入っているかどうかは業者によるので、普通は自腹になる。

そんなとき「個人賠償責任保険」に入っておくと安心。
火災保険や自動車保険、傷害保険に特約で付けられる。
自転車事故で怪我させたとか、スポーツで他人を入院させた時にも。

しーが1階に住むのは色々な理由があるが
水の事故の保険もある。熱帯魚とか飼うかもしれないしね。

信州まつもと空港でBBQ

水曜日に前の派遣先の友人からLINEが…
「今週末、スカイパークでBBQやるけどくる?」
たぶんダメ元で誘ってきたんだと思うけど。
ぼくは人の誘いは不可抗力の事由がない限り断りません。
誘って断られたら悲しいし、断ると次から誘われないし。
※たまに難題があるけど、金で解決できるならOK!

当日、車で2時間位で着くだろうと思ってたら全然間に合わない!
ちょっと遅れ、着いたら10数人集まって火起こしが終わっていた。
いつもなら着いたらすぐにビール一本だけあけて、
その後6時間はアルコールを抜く…といった感じなのだけど
今日はオールフリー宣言。
オールフリー6Pとコーラも持参した。

4年ぶりに会った面々は、奥様と子供を連れて来ていた。
「しーくんは、いつ結婚するの?」
ここでもこれか!
「うーん、実はワカサギ事件というのがありまして…」※1月の記事参照
話をそらす。
あの事件も当日は本当に困惑と哀しみに苛まれたが、今では完全に笑い話だ。
4年も経てばいろいろ変わるもの。
家も、車も、家族も、仕事も、考え方も。
僕も自分が気付かないだけで、周りから見れば変わったはず。
変わらないのは、過去に共に仕事をして育んだ信用と友情。
深夜残業の後に焼き肉を食べまくった思い出。

長野は、食品、特に野菜がとにかく安い。
極太のアスパラが6本110円とか当たり前である。
年収400でも無理せず車2台と家と子供2人持てる。
野菜と肉を堪能していると、BBQマスターの先輩が
ローストビーフ、アヒージョを作り、更にパンまで焼き始めた。

周りを見渡すと、BBQコンロの他に焚き火台、テーブル4に椅子10。
さらにタープが2つもあった。
大人が集まってBBQやると豪華なもんだ。
最近は小学校の運動会でタープを張りBBQを開始する親が続出しているらしい。
親同士でFacebookさながらワイルドアピールでもしているのだろうか。
子供は喜びそうだが。
僕も背の低いテーブルを持参したが、小さい子供に良かったようだ。
小さい子供をシートに座らせると、足を伸ばしてしまうので
食べ物のトレイを支えてあげないといけない。
子供とお母さんを見ていると新発見がある。

野菜を切っていると、カメムシがすりよってくる。
下手に小突くと拗ねて臭くなる。
カメムシといえばパクチー(カメムシソウ)だ。
好き嫌いのない僕でもパクチーは気合い入れないと食えない。
「最近は女性の間でブームだからカメムシソウの話はしないほうが…」
という助言を後輩から頂いた。そういえば温野菜が食べ放題やってたね。
食べ放題…かんべんしてくれ

初対面の人も多かった。
奥様に挨拶回りして、その後は麦畑を眺めながら近況の交換。
初対面の人と話すのは好きだが、相手が馴れ馴れしい方なら助かる。
奥様方は酔っ払ってたので楽ちん。旦那共は車を運転するから飲めない。

気がつけば17時をまわりお片づけを始めた。
BBQマスターの荷物が、下手な家庭の台所より道具が揃っていた。
ダッチオーブンに高さ40cmくらいの大ボウル
スキレッド3つ、パンを焼く鉄板、コーヒーミル。
パン生地を伸ばす棒に加え、何故か蕎麦打ち棒まで
離乳食を作るための道具も揃えていた。
持ってきすぎだろ。流石BBQマスター

その後21時までボウリングして帰宅。
1点20円で個人戦したが負けた。
自宅には、日が変わる前に到着できた。あー。楽しかった。

人生は、実験じっけん。失敗しない成功から得る価値はない。

GW

過ちを気に病むことはない。
ただ認めて、次の糧にすれば良い。
それが大人の特権だ。

心の充足

十代や二十代前半くらいまでは、一人が気楽だった。
欲しい物を調べたり手に入れたり、プログラミング等の趣味の時間を過ごせば
誰かに自慢したいくらい楽しくて、心に豊かな充足感を得られた。

しかし二十代後半からは、満足できなくなった。
最近は欲しい物もあまりないし、手に入れても空しい。

いま欲するのは「他人」と楽しい時間を共有すること。

こう書くとキモいが、相手の笑顔が見たいのである。
自分の心の充足に、自分以外の誰かが必要になってしまった。

一言でいえば、寂しがり屋さんになってしまった。
先日電車で、30代女性誌の吊り広告に、こう書いてあった。
「だって幸せそうって思われたい!」
えぇ、なにそれ腐ってる!

と思う反面、なんかわかる気がするんだよね。
自分は幸せじゃないけど、せめて人生を謳歌しているように思われたい。

だから「派手にリア充、楽しんでいる姿」を周りに見せたがる。

これ結局、寂しがり屋の、強烈な承認欲求だよね。Facebook的な。

モテたい根性というか。
僕が考える「モテる人」って、自分の楽しみや世界を持ってて、
その楽しさで周囲に影響を与えられる人なんですよ。
それはリスペクトから来るモテかもしれない。

自分が「これが楽しい!」と思う世界が無いのに、
すでに満ち足りている誰かを、更に楽しませるなんて無理でしょ。

他人に楽しませてもらいたいからモテたい、って人もいるけど
受け身のマグロは困る。

僕は、あの人と遊びたいなぁと思えば、
深く考えずにそっこーLINEで誘っちゃう。
断られる耐性もついてきた(へこむけど)。
嫌われるリスクは高いけど、嫌われるのはしょうがない。そう思うことにした。
以前の八方美人改め、相手が自分をどう思うかに委ねている。
相手が嫌だと思えば縁が切れるが、まあいいかと思えば関係は続く。

15年以上の友人にさっくり嫌われ即ブロックくらったときは
流石に落ち込んだ。
人は常に変化する。時や環境で価値観や思想が心変わるもの。
その人に自分の行動が嫌われたのは仕方がない。
相手が嫌うなら仕方ない、と思うことにした。

30代、仕事以外もビビってないで色々積極的に飛び込まないと、
つまらない人間になってしまう。

しかし何で今日も仕事しているんだろう。。

ノロ

休日出勤した時、フロアに誰も居ないはずなのに
後ろの方の席から本をめくる音や小銭の音が聞こえてきて
マジ怖かったという話をしたところ
お前は働き過ぎだということで木曜日から日曜日まで
4連休頂くことになりました。
(なおこの事業所で飛び降り自殺は何件かある)

したっけ木曜は高速で覆面に捕まり。。
金曜に反則金払ったら奥歯が欠けて即歯医者。
夜から腹痛と吐き気に襲われる。

土日は猪苗代で労組のスキーイベントの運営だったけど
これもお休みして今寝ています。
気が緩んだのかなあ、でも朝から熱が下がったからわりと軽い。
胃で繁殖したのをやっつけようと飲んだにんにく酒が効いた?

3日連続生牡蠣とかはやめたほうがいいかもしれませんね。
一個だけ、とセーブしていても結局やられちゃう。

長瀞と浦山ダム

今年の職場の忘年会は、長瀞で一泊だった。

一泊すると、次の日と朝は三々五々に帰ってゆく。

せっかく秩父まで来たのでダムを見に行った。

ダムの上では仮面ライダーのロケが行われていた。道がふさがれているのかなと思いきや、近づいてみると、通っても良いけど写真撮影だけは勘弁してくださいのこと。

ダムカードげっと。