オレも特許侵害中ってことで(え

[PR]
超特許侵害中のお知らせ

世の中特許だらけになりますね。特許のない技術は無くなるんじゃないですかね?あ、それは昔からか…
MSとW3Cが闘っている「ブラウザでプラグイン行為を無登録(未払)では特許侵害」問題を彷彿とさせます。
金欲しさに特許侵害を訴えるのは止めてほしいのですが…

まあこれの場合、私的な利用でアピールなどに用いなければ登録の必要が無いらしいです。

むむ!しかしこの特許は、旧トクトクの広告形式が無くなるってことですな? ってことは全ての無料スペースサービスは広告が自動埋め込み式になるわけかー!

思い出。

きっとオレだけじゃないと思うネタ

小学校の先生を「お母さん!」と呼んでしまったこと。

すげえ恥ずかしい。
っていうか、クラス全員にからかわれるというオマケが付く。

恥ずかしすぎで二度としないように反省するくせに、4かいくらいやっちまった気がするなあ。
でも、先生は嬉しそうなんだよね…

高校数学

ある人が2から99までの2つの数を考えた。その数の積と和をそれぞれP氏(積)とS氏(和)に伝えた。すると二人の間で以下のような会話がなされた。
P: 2つの数は分からない。
S: 私も分からないが、あなたがそう言うのは分かっていた。
P: 分かった。
S: 私も分かった。
ではこの数はなにか。どのようにして2つの数が分かったのか?

これどうしようw
とりあえず、素数を使った積であると、二つの数はバレてしまうが、P氏がわからんと言っていることから、
素数*素数以外 or 素数以外*素数以外
だとわかる。
これ以上はわからんヽ(゚∀。)ノ

ちなみに↓これは有名私立中学の入試問題

ハワイで一つ100円のガムを2つ買いました。
おつりは730円でした。
これは正しいですか?

も、もらえたんなら・・
正しいんじゃないんスカ?(‘A`)

こんな夢を見た

こんな夢を見た。
テレビをつけると、ニュースが流れてきた。
「今夜、軍による新動力源飛行機実験が行われます。関係省庁からの書簡で『その飛行機は全部で3つです。どうかパニックに陥らないように。前もって情報を流す次第です』とのことです」
新動力源とはよくわからなかったが、今まで地球には無かった原子が使われているものらしい。

ふん、何で飛行機で驚くんだ?と軽く流しながら、昼過ぎの曇った空の下を友達の家に歩いていった。

その友達の家にはチャウチャウがいて、ポイとか言う名前だったりする。
「あたし、心が壊れちゃってるから…」
「確かにそうだな」
妙な話をしてた。

夕方、家に帰る前にほかの友達、数人も加わって飲み屋にでかけた。
その飲み屋は周りに家がなく、繁華街でもない。田舎のラーメン屋みたいな店だった。
ススキのたくさん生えた野原に囲まれている。

話もはずんで、酒もすすむ。
「っかぁ?!五臓六腑にしみるぜぇ」
「五臓六腑ってなに?」
「ははっ!○●ちゃん?。いいかい?五臓六腑というのは、五臓の心肝脾肺腎、そして六腑は大腸小腸胆胃三焦膀胱のことを指すんだ。つまり、体の全体っていう意味なんだぜ!」
(全員)「へぇへぇへぇへぇへぇへぇ」
「(‘A`)」

外で涼んでいた友達が、いきなり駆け込んできた。
「お、おい!UFOだ!!」
「あ”?」
みんなが急いで外に出ると、確かに何かが、雲のスキマから光っている。
直ぐに消えてしまった。
思ったより風が強い。
なんだ?今の…
「またきた!さっきのより大きい!ぅわ」
誰かが叫んだ。
即座に振り返ると、リング状の機体の所々が明るく光を放出している。まるで光で浮いているようだ。
しかもでかい。雲の上を飛んでいるくせに山一つ分くらいありそうな大きさである。
だが、リングと中心、自転車のスポークのような支柱でできている機体のために軽く見える。

風の音しかしない。月がたまに見える。

「え?今のが二つ目?じゃあもう一つくるでしょ。多分一番でかいやつじゃないか?」
また誰かが言っていた。

そして、ついにきた。
一番大きいらしいヤツが。
空を見上げると、その1/3を覆い尽くす全翼機である。四角い光が翼に並べられていた。
風が強くなる。ススキがうるさい。
きた方向の山から向かう先の山まで、見上げる空1秒ほどで通過してしまった。凄まじい速度だ。
低い地鳴りのような圧迫感のある音が少し聞こえた。

…人は、あんなものまで作れるようになってしまったのか…

家に帰り、テレビをつけると、先ほど見た機体の離陸映像が流れてきた。
一番大きかった機体は、宇宙の工場で作られたようだ。

そこには、なぜかポイがいた。
「すごいの見ちゃったネ」
「…」

「コンピュータユーザーは今、かつてないほどに、ネット上の脅威から身を守る正しい対策を取る必要に迫られている」

セキュリティの事など一度も考えずに、楽しい事ばかり求め、インターネットやその他のネットワークに接続するのは愚の骨頂といえる。
そういったユーザほど、メーカや関連機関が出す警告を知らなかったり、見向きもしなかったりする。
無知は自分を苦しめることになるにも関わらず、ウィルスに感染したらメーカやプロバイダのせいにする。
パソコンを家電として販売している電器メーカも悪い。彼らは一家に一台という目標をかかげ、それを達成するために「家電」として取り扱った。
そして何も考えない客は、時代の器具としてパソコンを買う。もちろん家電として。
基本的に家電は、壊れるまで使い続けることができる。操作も簡単であり、物理的な破壊が無い限り動作する。
しかしパソコンはそうはいかない。一つの動作をするものではないため、場によってメンテナンス(調整)をしないと直ぐに調子が悪くなる。すなわち、ソフトは外的な故障要因が大きすぎるのである。もともとパソコンとはそういったものであるのだ。そこで、事故を未然に防ぐにはユーザの意識が大きく関わってくる。

第一に考えなければいけないこと。パソコンはゲーム機やテレビ、冷蔵庫と違い、目的を達成するためにはユーザが何から何までしなければならない。
第二に、車と同じように、技術がなければ(理解できなければ)触ってはならない。(当然、仕事で使う人は理解できるまで勉強するべきだ。できないなら他人に迷惑がかかるだけである)

これらのことを踏まえて、便利に使ってもらいたいものである。話を戻すが、セキュリティを強化するためにはどうしたらいいか、と考えない人は「他人に迷惑をかけている」と思ってもらいたい。現在のウィルス・ワームは、感染者を踏み台にして更に多くの感染者を増やすようになっている。

セキュリティを強化することは現在では簡単になっている。各社のOSは、自動更新機能があるからである。特にWindowsは非常にたくさんの危険にさらされている。従って、頻繁に自動更新機能が働くのである。これを直ぐに適用しない場合は、ネットに接続しない方がいい。

しかし、それだけではウィルスやワームは防げない。感染源はユーザ自身の行いにより、膨大な種類があるからだ。そこで必要になってくるのが「ノートンアンチウィルス」や「ウィルスバスター」に代表されるアンチウィルスソフト(ワクチンソフト)である。これらのソフトはウィルスの辞典を持っていて、ウィルスらしきデータがパソコンの中に入ってくると検知、駆除してくれる。
当然、ウィルスは日々新種が出るので辞典も各社で日々更新されている。この更新さえ怠らなければ、感染率はぐっと減ることになる。

更に、今はネットへの常時接続が常識になりつつある。これは、ウィルスやワームの進入経路をつくる事と同義だ。そこで各種のパーソナルファイアウォールソフトが登場している。ファイアウォールとはその名の通り「防火壁」である。ネットワークの出入り口に関所を作り、許可したデータしか通さない。しかし、ユーザが許可してしまえばウィルスも通り抜けてしまうためにアンチウィルスソフトも同時に入れておくべきである。ファイアウォールソフトは、ネットワークの効率を高めるためにある。

さて、上記に書かれた「OSの自動更新」「アンチウィルスソフト」「ファイアウォールソフト」を導入することは、けして損ではない。車だって雪道を走るためにチェーンをつける。そのチェーンと同じようなものなのだから。それでも事故は起きるかもしれない。しかし、格段に事故率は減るであろう。事故防止の意識とは、このことなのである。

原発のそばに住んでいると、結婚できない。子供も産めない。

一度目を通しておくことをお勧めします。
「原発がどんなものか知ってほしい」

原子力発電所について知らないこと、たくさんあると思います。
はっきり言ってヤバイです。
地震がおきたら、日本は原発によって滅亡するでしょう。
原発のそばに住むと、被爆することを知っていますか?
原発の中で働いている人は被爆者です。
原発は一度運転させたら、解体はできません。
命を捨てて解体に励むことになるのは、我々の子孫ですね。
核廃棄物を捨てる場所が無いのに運転を続ける理由がわかりました。

もう日本はおわったな・・・
大学の先生が「原子工学は廃れる分野だ」とおっしゃっていたのはこれだったのか…
もし事故があったら 参考までに。
念のため・もし原発がPWR2型並の事故を起こして放射性物質が撒き散らされた場合、即座に30km以上避難しなければなりません。
事故現場が30km以内なら二度と家には戻れません。+長期にわたっての避難区域で半径数百kmが指定されるため、日本では避難場所がありません。
パニックを防ぐため日本では避難と称する自宅待機が命令されますが、被爆は免れません。