LINE Payの話。

飲み会とかをよくやるんだが、何が困るって準備とかではなくて集金である。

皆さん経験あると思うが…
実際当日になるとドタキャン、逆に増えたりして人数が変わり、調整しても一人あたりの金額が変わったりすることがある。大抵は現金での集金となるので500円単位で計算したりするが、500円はおろか1000円札を用意できない人が多発したりする。幹事にはuncontrollableなリスクが常に付きまとうのだ。
しかも大金ともなれば集めるのも持ち歩くのもメンドクサイのである。

参加者が、リアルタイムに、細かく、確実に、支払ってくれて、それが自動的だったらどれだけ楽なのか。

実はこの手の決済にまつわる問題は、決済サービスを利用することである程度ラクチンになる。昔からあるのはPayPalだが、最近はスマホを使ったサービスが増えてきた。その中で、おそらく一番利用者が多いのはLINE Payである。LINEを使っている人なら、全員利用者だからである。

LINE Payは、Suicaと同じくチャージして使う電子マネーだ。
Suicaと同じように、あらゆる決済に使うことができる。

決済の方法は、3つに大別できる。

・ネットショッピングのLINE Pay支払い
・JCBデビッドカード(クレカ同様に使える)
・QRコード

QRコードを使うと、カードリーダーといった機械が不要で導入が安い。中国のアリペイのように、屋台などで使われるようになるかもしれない。Suicaと違うのは、個人間送金ができる点と、現金払戻しができる点だ。Suica同士で送金できたら便利だな、と思ったことはないだろうか。銀行振込は口座情報を漏らすことになるし、手数料も高い。Suicaなら口座情報は不要で、使える店が多いので現金と変わらない。LINE PayはJCBデビッドカードなので使える店はSuicaより多く、この点はクリアしている。

なおLINE Payを集金に使うことを考えると、送金は無料だが、現金払戻しで手数料200円がかかる点に気を付けたい。決済コストとしては金額の1%未満なら安いと言われる。つまり2万円を超える集金でないとコストが高くなるので、そこが使うか使わないかの分岐点になるだろう。※500円単位に丸めたりすれば差額でペイできるけどさ。

だが、飲み会の参加者にそれをお願いしても難しいだろうなー。LINEを毛嫌いする人が多いように、決済手段が増えるのを嫌う人も多い。すでに持っているものを使わせることはできても、他人に新しい行動、しかもお金が絡む事を促すのはとても難しい。
LINEでぴゅんぴゅん送金してもらえるとすげえ楽なんだけどもなあ。